現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ヨーロッパのクルマづくりの造形の巧さを感じる」アウディe-tronのQ4とGTをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.15

「ヨーロッパのクルマづくりの造形の巧さを感じる」アウディe-tronのQ4とGTをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルの前デザイン部長で現在は、首都大学東京で教鞭をとる難波治教授が、ジュネーブ・モーターショーを取材。デザインチェックと写真撮影をおこなった。第五弾は電動化を推し進めるアウディのe-tronの2台を取り上げる。e-tron GTとQ4 e-tronである。COMMENT & PHOTO◎難波 治(NAMBA Osamu/首都大学東京教授) まとめ◎MotorFan.jp編集部

e-tron GT

    スバルの北米販売は好調。それを支えているのは、この2台。フォレスター&アセント

 アウディのブースに来ています。e-tron GTというショーモデルがあります。

MF:これは、LAモーターショーでワールドプレミアされたアウディスポーツが手掛けたモデルで、2020年後半に発売予定だそうですよ。e-tronですから、もちろんEVです。


 これはセダン型のGTです。これ、すごくいいですね。
 スタンスをしっかり見せようという造形、その造形の組み立てを視覚的にも見せようとする有効なモチーフ、 もちろん全幅が相当あるので、スタンスはいいに決まってはいるのですが、その手法というかアーキテクチャーの作り方というか……これがすごいですね。とても強く見えるところが魅力ですし、AUDIとして新しく感じます。

 アウディが持つ、少しソフトで女性的な柔らかさみたいなものから最近は脱皮しようとしてきていますが、ここにきてイメージをグッと引き締めるクルマが出てきた感じがします。


Q4 e-tron

 その隣にあるQ4 e-tronも同じように非常にしっかりしたスタンスを見せる造形をしています。

MF:このクルマは、ジュネーブが世界初公開です。こちらもEV。サイズは、全長×全幅×全高:4.59m×1.90m×1.61mです。幅はともかく、比較的コンパクトです。

 スクエアな感じは崩さず、いたずらにいろんなところを小さく倒したりせず、しっかりと見せる。それなのにこの大きさのボディをに重たく鈍重に見せない。やはりタイヤへのボディの載せ方がいいからですね。サーフェイスもダルなところが見えません。一日の長を感じるというか、やっぱりヨーロッパのクルマづくりの造形の巧さと実力を感じてしまいますね。造形でここまでしっかりと差を付けられてしまうと、やっぱり強いですね。そう思いました。

MF:なるほど。では続けて欧州メーカー、シトロエンへ行ってみましょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • wor*****|2019/03/15 00:46

    違反報告

    e-tron GTコンセプトだけどかっこいい。
    2000万円くらいするのかな?
  • sat*****|2019/03/15 11:05

    違反報告

    スバル好きですが,デザインで欲しいスバル車はいまだかつてないです。
    そこでデザイン部長されてた方に云われても説得力がないです。
    なぜにそのスタンスのいいインプレッサとかレガシー作れなかったのでしょうか? 
    インプレッサはスタンスが悪くみえる、つんのめりそうなデザインです。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します