現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタとJAXAが月面探査ローバの共同開発へ。いったいどんなクルマなのか?

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.15
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■2030年代前半に2台のローバで月を走る

トヨタとJAXA(宇宙航空研究開発機構)が月面で1万km以上走行できる有人の月面車を開発中、のニュースが話題ですね。「はやぶさ2」で小惑星リュウグウにタッチダウンを決めたJAXAと、自動車技術や燃料電池開発で最先端を行くトヨタが組んだ、本気な月探査ミッションの中身をサラッとおさらいしましょう。

    新天皇即位パレード採用記念 センチュリーはプライベート使用も意外といけそう

開発するのは有人与圧月面車(ローバ)で、最初の打ち上げは2029年を予定。その後2030年代前半に宇宙飛行士による月面探査が始まります。大型の有人ロケットに1台6トンのローバを2台を積み込んで打ち上げるんだとか。(carview!)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン