現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > V8フェラーリはさらに進化する! F8トリブート登場!──ジュネーブ国際自動車ショー2019リポート【第14弾:Ferrari】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.13

V8フェラーリはさらに進化する! F8トリブート登場!──ジュネーブ国際自動車ショー2019リポート【第14弾:Ferrari】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

V8ミドシップの「488GTB」がデビューしたのは2015年だった。それから4年後の2019年、もう後継モデルがお披露目されるのだから、驚きだ。新型の車名は「F8トリブート」。まったく異なる新しいモデル名で登場した。

全体的なフォルムやウィンドウの形状、エアインテークの位置などに488GTBとの関連は感じられる。しかし、リアまわりのデザインは「812スーパーファスト」や「GTC4ルッソ」とおなじく、丸4灯のコンビネーションランプになった。くわえて、リアウィンドウはかつての「F40」を思わせるスリット入りだ。

    スピーチ一切ナシ! ホントに創業100周年? シトロエンのプレス・コンファレンスが超ユニークだった!──ジュネーブ国際自動車ショー2019リポート【第13弾:シトロエン】

きわめつけは心臓部で、3902ccV型8気筒ツインターボエンジンの最高出力は50psアップの720ps/8000rpmと、488GTBの過激バージョンである「ピスタ」とおなじスペックになった。ほかにも、速度によってリアスポイラーやボディ下部のフラップを自動制御する「アクティブ・エアロダイナミクス・システム」が、488ピスタ同様備わる。さらに、F8トリブートは488GTB比で40kgの軽量化を果たしているという。

フェラーリといえば、忘れてならないのはピニンファリーナだ。かつて、「ディーノ」や「348」など歴代フェラーリのデザインを手がけたが、近年のデザインはフェラーリの内製であり、F8トリブートも社内のデザインセンターによるものだ。

フェラーリと関係が希薄になったピニンファリーナであるものの、今回のジュネーブショーではフェラーリを想起するようなコンセプトカーを展示した。それが、創業者のファーストネームにちなんだEVスポーツ、「バティスタ」だ。

バティスタの総出力は何と1900ps、最大トルクは2300Nmにも達する。内燃機関搭載で1500psを掲げるブガッティ・シロンが、それこそ真っ青になるスペックで、0-100km/hに要する時間は2秒フラット、最高速は350km/hにも達するという。

インドのマヒンドラ・グループに買い取られたピニンファリーナは、昔のようにフェラーリのプロトタイプ的な先行モデルを展示することはない。よってバティスタも、最新のV8フェラーリを彷彿させるシルエットであるもののフェラーリとは関係ない。ちなみに、バティスタは限定150台の生産が予定されている。

V6のディーノに端を発するミド・エンジン・フェラーリの伝統をになってきたピニンファリーナの復活を、まずはよろこびたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 南陽一浩)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • am_*****|2019/03/14 18:27

    違反報告

    V8 SPORTなどという訳の分からない誤植を犯した記事をcarviewで取り上げちゃったことはほんとうに戒めにしたほうがいい。一番やってはいけないことだからね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します