現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェ、マカン 次期型の電動化へ準備…独工場の拡張に着手

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.13

ポルシェ、マカン 次期型の電動化へ準備…独工場の拡張に着手

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポルシェ(Porsche)は3月12日、ドイツ・ライプツィヒ工場の拡張に着手した、と発表した。

ライプツィヒ工場は2002年に稼働した。当初はSUVの『カイエン』を生産。2009年からは『パナメーラ』、2011年からは『マカン』の生産も開始された。現在は、ベントレーの車体も生産している。

    718ボクスター&ケイマンの新種Tモデルはノーマル以上、Sモデル以下で足回りを主にチューン

今回のライプツィヒ工場の拡張は、マカンの次期モデルの生産に向けた準備が目的だ。次期マカンにはEVが設定される予定。ポルシェは電動化に対応するために、ライプツィヒ工場を拡張する。

ポルシェは、次期マカンの生産準備としてライプツィヒ工場に数億ユーロを投資。この投資を、新しい車体プレス加工工場や塗装工場の建設など、工場の拡張に充当する。

ポルシェは、ライプツィヒ工場ではガソリンとハイブリッドモデルに加えて、同じ生産ラインでEVも生産していく、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します