現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ルノー日産三菱の3社連合は今後どうなるのか…やはりルノー会長がリード

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.13

ルノー日産三菱の3社連合は今後どうなるのか…やはりルノー会長がリード

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

資本関係などグループ内での難しい課題は先送りにして、とりあえず協業関係の維持を優先する。ルノー、日産自動車、三菱自動車の3社が3月12日に行った共同会見は、一言で言うとこんな内容だ。

日産の西川廣人社長兼CEOとしては、ひとまず安心できたという心境だったに違いない。それは嬉しそうに話すこんな発言からも伺える。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

「ルノーのジャンドミニク・スナール会長は日産の新しいガバナンスへの移行を尊重してくれている。従来のようにルノーの会長が日産の会長になると求めないことを含めて大変ありがたい。今、私が抱える課題はアライアンスの安定、ガバナンスの刷新、業績の安定の3つ。今日はアライアンスの安定化に非常に大きな一歩だ」

3社の会長だったカルロス・ゴーン氏の逮捕後、ルノーと日産との間でさまざまな対立が取りざたされた。例えば、ルノーの筆頭株主である仏政府がルノーと日産の経営統合を推進しようとして、日産側が難色。また、日産の会長を仏側が指名しようとしたが、日産が拒否。このままでは最悪の事態も考えていた業界関係者もいたほどだった。

それがスナ-ル氏がルノーの会長に就任して以降、状況が大きく変わり始めた。スナ-ル氏は日産との話し合いを重視し、経営統合や資本関係の見直しについても、できるだけ発言しないようした。

この日の会見でも、経営統合や資本見直しについての質問が飛んだが、スナ-ル会長は「今日のポイントではない。フランス政府を株主として尊重するが、ルノーや日産、三菱にも将来がある。議長として3社の将来に向けた検討に集中したい」と物静かに答えた。

日産の会長職についても、「私は日産の会長になろうとは思っていない。副議長の候補には適していると思う」とスナ-ル会長は控えめに話し、ルノーによる経営支配に激しく抵抗する日産側に配慮する姿勢を常に見せていた。

しかし、質疑応答では、スナ-ル会長が終始リードしている状態で、真っ先に答えたり、西川社長兼CEOの発言の補足をしていた。野心を前面に出さないスナ-ル会長だが、相手に譲歩しながら自分の主張を通す。交渉相手としては一筋縄ではいかないという印象だ。

ルノー、日産、三菱自の3社は「アライアンス・オペレーティング・ボード」を新設して、ルノーのスナ-ル会長とティエリー・ボロレCEO、日産の西川社長兼CEO、三菱自の益子修会長兼CEOの4氏による合議で意思決定をしていくが、議長を務めるスナール会長がいつの間にかコントロールしていく体制になっていそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 山田清志)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ito*****|2019/03/13 18:26

    違反報告

    『「西川社長がつけているのは、ピアジェの腕時計。200万円以上はする高級品です。これが、そのオマーンの代理店側からの贈り物ではないかというのです」(日産関係者)

    実際に、ゴーン被告が東京地検特捜部に逮捕された2018年11月19日、会見に立った西川社長の左腕にはピアジェの時計が光っていた。中東諸国の商慣行を知る、元駐レバノン大使の天木直人氏は、こう話す。

    「中東の国々の人々は、遠方からやってきた客をとにかくもてなします。現地にはサラリーマン社長は少なく、高額なお土産を渡すことにためらいがありません」日産幹部らは、中東からの「恩恵」を受けていたのか。

    「中東への出張では、豪華な接待を受けたり、腕時計など高額な贈り物をもらえることが多かった。幹部社員にとっては、一種の役得のような認識があった」(日産OB)』

    西川もたたけば埃の出る体、偽善者め! ゴーン氏の言い分も聞くべきだ。
  • rta*****|2019/03/13 16:17

    違反報告

    米紙や仏紙の世界的影響力は甘く見ないほうがいい。西川さんは検察権力を使って再建の恩人を追放した策士の印象は最後まで拭えないだろう。日産の原罪になってしまった。対外的には信用されない。貴族の血脈、スナールさんを立てざるを得ないのでは。
  • ito*****|2019/03/14 02:07

    違反報告

    今後ゴーン氏や日産について、裁判で真相が明らかになるだろう。どのような判決が出るにせよ、事件の意味する教訓は得られる。今後外資は日本企業の買収において、容赦なく完全子会社化を求めるだろう。半端な資本参加は、後でゴタゴタを招くからだ。

    一方で日本企業の身売りは、今後も増加するであろう。グローバル化に上手く対応できる日本の経営者が、ほとんどいないからだ。まだまだ年功序列の事無かれ主義がまかり通る経営風土が、性懲りもなく横たわっているからだ。

    わたしは誰の味方でも無い、ただ時代の変化について述べているだけだ。もちろん日本の企業や日本人の経営者が、活躍してくれることを願っている。今後、世界的に通用する日本のトップ・マネジメントが出てくることを願っている。


(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します