現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アプリリア史上最強・最速! RSV4 1100 Factoryが間も無く発売【¥2,862,000】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.13

アプリリア史上最強・最速! RSV4 1100 Factoryが間も無く発売【¥2,862,000】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピアッジオグループジャパン株式会社は、アプリリアのフラッグシップスーパースポーツに、217HPを発生する新型V4エンジンを搭載し、史上最速、最強、最軽量のへと進化を遂げた『RSV41100 Factory』(メーカー希望小売価格2,862,000円消費税8%込)を全国のアプリリア正規販売店にて、3月22日(金)より受注を開始し、5月下旬より出荷を開始致する。

 このRSV41100Factoryは、既存モデルのエンジンを999ccから1078ccへ拡大し、さらにAkrapovic製チタンエグゾーストサイレンサーや、Bosch製リチウムイオンバッテリーの採用などにより車両重量を199Kgに抑えたほか、アプリリアのMotoGPマシン“RS-GP”開発から派生したカーボン製ウィングレットをサイドカウルに標準装着するなど、「成長を止めることはできない」というプロジェクトの成果によりさらなる進化を遂げた。
 なお、3月22日(金)から24日(日)まで開催される第46回東京モーターサイクルショーにて当モデルを日本初公開する。

    メイド・イン・熊本だから! ホンダ・クロスカブのくまモン仕様が登場【6月21日発売】

■アプリリアRSV4 1100Factory……¥2,862,000

● 受注開始日:2019年3月22日(金)
●国内出荷時期:2019年5月下旬頃から順次
●メーカー希望小売価格:¥2,862,000(消費税8%込)
●ボディーカラー:ブラック

 アプリリアRSV4は、スポーツ性とパフォーマンスの面で常にスーパースポーツモデルの基準となってきた。短期間で7度の世界SBK選手権を含む54もの世界タイトルを獲得し、成功を収めているアプリリアのレース部門の貴重な経験から引き出された技術は、量産車に受け継がれる。

 高次元の設計と応用技術において明確なRSV4は、量産スポーツバイクではかつて無かった65°V4エンジンを軸に考案された。GP250クラスにおいて143のグランプリレースを制し18のタイトル を勝ち取った名跡を受け継ぐフレーム技術を採用し、エンジンとバイクの運動性能を制御する最先端の応用電子システムによって強化されている。ライド-バイ-ワイヤ マルチマップ アクセルを標準採用した初めてのメーカーであり、自己キャリブレーションやウイリーコントロール といった独創的な機能を持つAPRCダイナミックコントロールシステムの特許を最初に取得したメーカーがアプリリアなのだ。

■アプリリアRSV41100Factory

 RSV4プロジェクトは常に明確な目標を追求してきた。妥協のない最高、最速のスーパーバイクとなるために、パフォーマンスと効率性の面でアプリリアレーシングのバイクに最も近いマシンとなった。アルミ、チタン、カーボンといった価値ある素材を使用し、最高級の性能と洗練された技術的装備を求める、極めて要求の厳しい顧客に捧げられた、カテゴリートップに位置するプレミアムモデルだ。
 この先進モデルであるRSV4 1100Factoryの新たな一歩は、ともにさらなる進化を遂げたフレームとサスペンション、電子制御パッケージを組み合わせた至高のパフォーマンスを誇る。

 またRSV4 1100Factoryのカラーリングとディテールによる独自性がひと目でそれと認識できる車体デザインとしていることも特徴で、Akrapovic製エグゾーストサイレンサーのチタン仕上げと同色とした鍛造アルミホイールとは対照的に、カーボンなどの価値ある素材(フロントマッドガード、サイドパネル、エグゾーストサイレンサーガード、空力ウイングレット)の独特な質感を高めるコントラストを採用している。

 外装のグラフィックには、彫刻のようなツインスパーフレームとアルミ製スイングアームの美しさを引き立てる、魅力的なトータルマットブラックが選ばれた。RSV4 1100Factoryが達成した驚異的なパフォーマンスを考慮して、アプリリアは、アプリリアレーシングによるRS-GPプロトタイプでの開発から派生した、量産スーパーバイク初となるフェアリングの空力ウイングレットを導入。風洞で設計された独特な形状とその取り付け角度は、ウイングレットが高速安定性を向上させるために、気流のダウンフォース効果を利用するように意図されており、300Km/hにおいては約8Kg相当の荷重を生み出し、コーナー立ち上がりではウイリー傾向を抑え、同時にハードブレーキングでの安定性向上に貢献する。

アプリリア1100 V4の記録的パフォーマンス

 RSV4 1100 Factoryの導入により、アプリリアは、その車体キャラクターとベネト州ノアーレ生まれのV4の独特なサウンドと組み合わせ、スポーツ志向のライダーが望む高いパフォーマンスを実現した。10年に渡る勝利の歴史を誇るパワープラントは、最先端のスポーツ志向ライダーのニーズを満たすことができ、レーシングバイク開発の秀逸なベースにもなるプラットフォームだ。2017年に量産ロードモデルで201 HPのベンチマークに到達した後、アプリリアのV4は1078ccに排気量を拡大して、もうひとつの進化の分岐点に立つ。この変更は、2015年に1000から1100ccとなったRSV4のスポーツネイキッドバージョン、TuonoV4ですでに得られていた、評論家と一般ユーザーによる有益なフィードバックに基づいて決定された。

 RSV41100Factoryのエンジン排気量は、ボアが78mmから81mmとなった新しいピストンによって拡大されているが、52.3mmのストロークと13.6:1の圧縮比は、1000V4エンジンから変更はない。ウェットサンプ潤滑を改善するために、流量を増やした新しいオイルポンプを装備。ダブルオイルジェットの採用によりピストン温度の低下を実現しました。タイミングシステムは吸気バルブタイミングを最適化し、プライマリードライブの5速と6速のギア比をロング化している。電子制御インジェクションシステムは、流体力学的通気性を向上させるために、より空力的に優れた形状のスロットルバルブサポートを使用。
 Magneti Marelli製7SM ECUは、リミッターを13,600rpmに設定した新しい専用マップにより、217HP/13,200rpmの最高出力をもたす。最大トルクもこれらの変更の恩恵を受け、1000ccエンジンに対して全域で10%以上のトルクアップを実現し、最大トルク値は122Nm/11,000rpmに達した。これは、RSV41100Factoryが、サーキットにおいて低速域からでも効率的に加速でき、ストリートでの走りも刺激的なものにする。また、エグゾーストシステムは、マニホールドのレイアウトだけでなく、これまでのユニットに比べて明らかに軽くなった、Akrapovic製チタンサイレンサーを標準装備することで最適化が図られた。新型アプリリアRSV41100Factoryは、APRC電子制御パッケージのより緻密なキャリブレーションによってパフォーマンスに適した改良されたものになっている。

【シャシー】より効率的なコーナー立ち上がりとブレーキング

 アプリリアは世界で最も優れたシャシーメーカーのひとつとして知られている。RSV4は、アプリリアがトップレベルの世界選手権で培った技術力の統合を象徴している。今なお、他に類を見ない(前世代でも常に特色となっていた)RSV4 Factoryの特徴として、各部の取付位置を調整可能とした標準のシャシーが挙げられる。実際にアプリリアは、フレームへのエンジン搭載位置、ステアリングステムアングル、スイングアームピボットの高さとリアの車高をライダーが調整できる唯一のスーパーバイクで、まさにレーシングバイクそのものだ。

 アプリリアRSV4の極めて評価が高いフレーム構造を継承。鍛造および成形アルミ材の利点を活かした、バランスの取れた剛性とねじれ柔軟性によって並外れた性能を約束する。フレームが提供する正確で広範囲な調整に合わせ、RSV4 1100Factoryのフレームとサスペンションセッティング、重量配分が見直された。新しいステアリングブッシュ(上下に各+3mm)によって、キャスター角が減少し、新しいステアリングヨークのオフセットも2mm減少しました。これによりホイールベースは4mm短くなる。
 全体的な結果として、フロントエンドがライダーに近づき、敏捷性を低下させることなくフロントホイールへの荷重が増え、それゆえ安定性も増加。RSV4の卓越したポイントの1つである、繊細で重要なブレーキング-進入-コーナリングスピードの段階におけるパフォーマンスで、RSV4 1100Factoryでさらなる向上を果たした。それには、フロント周りの変更だけでなく、ライダーのコーナリングフィールを向上させるため、新しいセットアップとしてトラベルが5mm長くなった(トータル125mm)Öhlins製NIXフォークも貢献しています。サスペンションシステムは、アジャスタブルのTTXショックアブソーバーと同じく調整可能なステアリングダンパーという、名門Öhlins製の2つのアイテムによって完成される。コーナー立ち上がりでの安定性をさらに向上させるため、RSV4 1100Factoryはスイングアームにもいくつかの変更を加えた。ヨーとねじれの剛性を大幅に高めることで、コーナー立ち上がりの精度が向上している。既存モデルよりトップグレードを装着していたブレーキシステムも、今回の重要なアップグレードの対象となった。M50キャリパーから、より軽く効率的なBrembo製Stylemaフロントキャリパーが採用され、より高い摩擦性能を持つパッドが装備されました。極めて過酷な使用状況下でも動作温度をコントロール下に保ち、変わらないブレーキング性能を維持する、ブレーキキャリパーカーボンエアダクト(RS-GPでアプリリアレーシングが使用しているものと同等)をオプション設定している。RSV41100Factoryの車両重量は、新しいチタンエグゾーストサイレンサーと超軽量Bosch製リチウムバッテリーに採用により、燃料90%搭載状態で199kgとなっている。

【APRC】アプリリアから始まった最先端のエレクトロニクス

 アプリリア RSV41100Factoryは、アプリリアが設計し特許を取得したダイナミックコントロールパッケージを装備している。APRC(アプリリア パフォーマンス ライド コントロール)は、ワールドスーパーバイクにおける勝利のテクノロジーから直接引き継がれたダイナミックコントロールシステムで、システムの作動を管理する慣性プラットフォームの独自の配置と方向づけがバイクの動的状態の検出を最適化。その結果、さらに効果的な電子制御プロセスを可能にした。第四世代のアプリリアAPRCは、完全なフル ライド-バイ-ワイヤ スロットル コントロールによって電子制御スロットルバルブを管理するための、他のコンポーネントを必要としない。これは重量の点で明らかなメリットとなる(従来のシステムと比較して590gの軽量化を達成)。

アプリリアRSV41100Factoryに標準装備されたAPRCシステムには、以下の機能が含まれる。

●ATC:アプリリア トラクション コントロール。ハンドルスイッチ部のジョイスティックによって、スロットルを戻すことなく8段階の設定に即座に調整可能。

●AWC:アプリリア ウイリー コントロール。3段階のレベルに調整可能なウイリーコントロールシステムは、左スイッチボックスによって、ATCと同様スロットルを閉じることなく即座に調整できるようになった。

●ALC:アプリリア ローンチ コントロール。 サーキットでの使用に限定され、3段階の設定が可能。さらに高効率な動作プロセスを採用した。

●AQS:アプリリア クイック シフト。 スロットルを閉じることなく、クラッチも使わずにギアシフトが可能な電子制御システムで、クラッチレスのシフトダウンを可能にするダウンシフト機能も備えています。アクセルを開けた状態でのシフトダウン機能は他に類を見ない。

●APL: アプリリア ピット リミッター。サーキットでのピットレーンで許可されている最高速度を選択して制限したり、公道上の制限速度に容易に合わせられるようにするシステム。

●ACC: アプリリア クルーズ コントロール。 電子的管理によりクルーズコントロールの導入が可能になった。スロットルに触れることなく設定速度を維持できるため、長距離ツーリングに非常に便利だ。

 第4世代のAPRCシステムに加えて、RSV4Factoryには、公道における安全性を飛躍的に高めるだけでなく、サーキットにおける最高のパフォーマンスも確保できるようBoschと共同開発された、高度なマルチマップコーナリングABSが標準装備されている。軽量コンパクトなボディユニットに精緻な機能を組み込んだ9.1MPシステムは、横加速度、フロントブレーキレバーにかかる圧力、ロール/ピッチ/ヨー角度、減速と安定性を絶妙にバランスさせるブレーキ動作の変化など、様々なパラメーターを常にモニターする専用アルゴリズムにより、ブレーキングとコーナーでのABS介入を最適化した。ABSシステムは、突発的なブレーキングによるリアホイールのリフトを抑えるアプリリアRLM(リア リフトアップ ミティゲーション)システムとともに機能する。アプリリア専用のマップに従ってセッティングされたコーナリングABSは、感度を3段階に調整可能だ。3種類のコーナリングABSマップは、3つのエンジンマップ(スポーツ、トラック、レース)のいずれとでも組み合わせることができ、経験や技術レベルの異なるライダーが、それぞれの走行スタイルに最適な組み合わせを選択することができる。3種類のマップはすべて「フルパワー」であるが、エンジンブレーキのかかり具合が異なりる。

 カラーTFTメーターパネルは、卓越した表示機能を持つデジタルコンピュータで、明るさを増すことでさらなる改善が図られた。選択できる2種類のスクリーンページは、多くの表示項目に対応している。RSV4 1100Factoryのアクセサリーとして利用可能なV4-MPは、Bluetoothを介して車両にスマートフォンを接続するアプリリア マルチメディア プラットフォーム。レースで行われているような、分析のために後でラップトップPCにダウンロード(またはスマートフォンに直接表示)できるデータを備えた、真のコーナーバイコーナー電子セッティング較正システムを初めて導入している。コーナーごとに電子セッティングを管理できるよう、すでにマッピングされた豊富なサーキット情報の提供に加えて、アプリリアが提供したリストにない新しいサーキットの情報をユーザーが取得することも可能。V4-MPには、スマートフォンの音声コマンドと電話の着信/発信を管理する、RSV4でアプリリアが初めて導入したインフォテイメントシステムも含まれている。これらの活用は、デジタルメーターでも表示、管理される。

■RSV4 1100 Factory 主要諸元

エンジン:4 ストローク・水冷・65°V型4気筒・DOHC 4バルブ
総排気量:1,078 cc
ボア×ストローク:81mm×52.3mm
圧縮比:13.6:1
最高出力:217HP(159.6 kW)/13,200rpm
最大トルク:122Nm/11,000rpm
燃料供給方式:電子制御燃料噴射システム、マレリ製48mmスロットルボディ、ライド・バイ・ワイヤ エンジンマネージメントシステム
点火方式:電子制御イグニッションシステム
潤滑方式:ウェットサンプ
始動方式:セルフ式
トランスミッション:6 速カセットタイプ
アプリリア・クイック・シフト(AQS)付フルクロスレシオ
 変速比
 (1速)…2.600
 (2速)…2.063
 (3速)…1.700
 (4速)…1.476
 (5速)…1.307
 (6速)…1.222
一次減速比:1.659
最終減速比:41/16 (2.562)
クラッチ:機械式スリッパ―システム付湿式多板クラッチ
フレーム:アルミツインスーパーフレーム、Öhlins製ステアリングダンパー
サスペンション(F):Öhlins製NIXテレスコピック倒立フォークΦ43mm、ホイールトラベル125mm
サスペンション(R):Öhlins製TTXモノショックビギーバックタイプ、ホイールトラベル120mm
ブレーキ(F):330mm軽量ステンレス製フローティングデュアルディスク、
ブレンボ製Stylemaモノブロックラジアルマウント30mm4ピストンキャリパー
ブレーキ(R):220mmディスク、ブレンボ製32mm2ピストン、フローティングキャリパー
ABS:ボッシュ製9.1MPコーナリングABS、3マップ
ホイール(F):3.5Jx17軽量鍛造アルミホイール
ホイール(R):6.0Jx17軽量鍛造アルミホイール
タイヤ(F):120/70-ZR17
タイヤ(R):200/55-ZR17
全長:2,052mm
ホイールベース:1,439mm
シート高:851mm
車両重量:199Kg(燃料90%搭載時)
燃料タンク容量:18.5L

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します