現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【グレー×バーミリオンって何色だ?】ヤマハMT-10の新色がメカメカの存在感!

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.13

【グレー×バーミリオンって何色だ?】ヤマハMT-10の新色がメカメカの存在感!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは、MT-10 ABSのカラーを変更し、4月1日に発売する。価格は167万4000円。

ヤマハ・MT-10 ABS……167万4000円

    メイド・イン・熊本だから! ホンダ・クロスカブのくまモン仕様が登場【6月21日発売】

 今回はベースモデルのカラーリングを刷新。新色は「マットライトグレー」「ブルー」「マットダークグレー」の3色。特にマットライトグレーはメカニカル感漂うグレーと、鮮やかバーミリオン(朱色)に塗られたホイールのツートーンカラーとなっており、目立ち度は抜群だ。

 なお、ハイグレード「MT-10 SP」は、カラーリング(シルバー)はそのまま継続販売となる。価格は199万8000円。

MT-10の特徴

 MT-10は、ヤマハのMTシリーズの頂点に立つモデル。高性能の997cc水冷直列4気筒エンジン(最高出力160ps/1万1500rpm、最大トルク11.3kgm/9000rpm)を搭載するハイパフォーマンスストリートファイターだ。

 ヤマハのスーパースポーツモデルであるYZF-R1のノンカウル版と言えば、キャラクターがイメージしやすいだろう。エンジンはもちろんフレームもR1譲り。細部はMT-10向けにチューニングされているものの、走行性能はR1と二分する非常にパワフルなものだ。

 ちなみにMT-10には上級グレードの「SP」が用意されている。オーリンズ製電子制御サスペンションが装備され、エンジンモード合わせてサスペンション特性も統合的にセッティングできる「YRC」(ヤマハ・ライド・コントロール)も採用。とことんスポーツライドこだわりたいならSPがおすすめだ。

新色画像ギャラリー

■マットライトグレーメタリック4(マットグレー)

■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)

■マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 阿部哲也)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します