現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバル/STIが2019年のレース車両をシェイクダウン。NBR24時間で6度目の優勝を目指す【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.11

スバル/STIが2019年のレース車両をシェイクダウン。NBR24時間で6度目の優勝を目指す【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年3月10日、スバル/STIは静岡県・富士スピードウェイで、2019年のニュルブルクリンク(NBR)24時間レース参戦車両とスーパーGT参戦車両のシェイクダウンテストを行った。

WRX STIは、さらに信頼性を高めてNBRへ臨む
スバル/STIは2018年のNBR24時間レースにスバル WRX STIで参戦し、SP3Tクラスで5度目のクラス優勝(総合62位)を果たしている。ただ、ECUが雨により冠水したことによるエンジントラブルが起きるなど、不測の自体もあった。

    見た目は運転免許証に似ている「運転経歴証明書」って何?【くるま問答】

2019モデルでは、その対策はもちろんのこと、トランスミッションギアのステップ比の見直しによるシフトアップ時のタイムロスの削減や、シフトショックの軽減などのパワートレーンの見直しを行っている。アンダーステア対策のためのサスペンションジオメトリーの適正化なども行われ、さらに、水の中の抵抗を抑える鮫肌からヒントを得て、サメ肌塗装(マット塗装)などが行われたのも注目だ。

スーパーGTのBRZは信頼性とスピードともにアップを
スーパーGTのGT300クラス参戦車両であるBRZは2018年、1勝するだけに終わり、井口卓人/山内英輝組がドライバーズランキング8位という結果になってしまった。2019年モデルでは、エンジンの耐久信頼性の向上はもちろん、車体剛性の前後バランスの最適化やサスペンションジオメトリーの最適化、ピット作業時間の短縮のために、燃料タンク配管サイズやレイアウトまで見直して必勝を期して臨む。

また、シェイクダウン当日は、STIモータースポーツデイも開催。ステージでのドライバーのトークショーやレースクイーンの撮影会、関係各社の出展ブースなどでスバル/STIファンが楽しんでいた。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します