現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産、e-POWER導入市場を拡大…アジアとオセアニア販売の4分の1を電動化へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.11

日産、e-POWER導入市場を拡大…アジアとオセアニア販売の4分の1を電動化へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車(Nissan)は3月9日、アジアとオセアニアでの新車販売の4分の1を電動化する新たな戦略を発表した。

この新戦略において、重要な役割を担うのが、「e-POWER」モデルだ。日産はアジアとオセアニアで、e-POWER搭載車を発売する予定。e-POWERは、発電専用のガソリンエンジンに、発電機、インバーター、バッテリー、モーターを組み合わせたシステムだ。駆動には、モーターのパワーのみを使う。現在、日本国内の『ノート』と『セレナ』に、e-POWERが搭載されている。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

日産は2019年、セレナの-POWERをシンガポールで発売する計画だ。日産によると、この地域で最初に発売されるe-POWERモデルになるという。

また、EVの『リーフ』も拡大展開を図る。日産は2019年、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、韓国、タイ、香港、マレーシアに、リーフを投入する予定。さらに2020年までには、インドネシアとフィリピンにも、リーフを導入する計画だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します