現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【メルセデスAMGの深層(3)】メルセデスAMG GT 4ドアクーペに見るAMGの新境地

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.11

【メルセデスAMGの深層(3)】メルセデスAMG GT 4ドアクーペに見るAMGの新境地

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AMGの最新作は2019年2月に日本で発表された「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。AMG GTクーペ、AMG GTロードスターに続く、AMG独自開発モデルで、現在のAMGの姿をもっともよく表していると言えるだろう。

超高性能であることは超高級であるということ
「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」はAMG GT2ドアクーペ譲りのパフォーマンスに高い実用性を加えた注目のモデル。大きく開くテールゲートを備えた4ドアクーペで、ボディサイズは全長5054mm 、全幅1953mm と大きく、広い室内空間と利便性を実現しているのが特徴だ。

    路上駐車は必ず違反になってしまうのか。実はある“安全地帯”【くるま問答】

ただし、扱いやすさや快適性を考慮してトランスアクスルレイアウトをやめ、フルタイム4WDの4マティックシステムを搭載する。とはいえ、AMG GT2ドアクーペのシャシをベースに、アルミやカーボンの補強材をふんだんに使用して徹底的に強化されたボディは、市販車とは思えないほどの高い剛性を実現しているのは言うまでもない。

搭載されるエンジンは、AMG GT2ドアクーペと同じ639ps/900Nmの4L V8直噴ツインターボのほかに、ISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を備えた3L 直6ターボも設定。直6ターボエンジンは435ps/520Nmと367ps/500Nmという2種類のパワースペックを設定している。

インテリアの高級感あふれる上質な作りや装備も特筆もので、もちろんADASには最新のものがおごられている。

走りも快適性も最高レベルとなれば、価格も相応のものとなるが、普通のメルセデス・ベンツじゃもの足りない、「もっと凄いのが欲しい」というユーザーは数多くいるということだろう。

AMGモデルはいまやAクラスからSクラス、Gクラスに至るまで設定されているが、最高速や0→100km/h加速を誇るハイパフォーマンスなモデルというだけでなく、メルセデス・ベンツをも上回るスーパープレミアムモデルになりつつあるといってもいいのだろう。

メルセデスAMG GT 63S 主要諸元

●全長×全幅×全高:5054×1953×1447mm
●ホイールベース:2951mm
●車両重量:未発表
●エンジン:V8 DOHCツインターボ
●排気量:3982cc
●最高出力:639ps/5500-6500rpm
●最大トルク:900Nm/2500-4500rpm
●トランスミッション:9速AT
●駆動方式:フロント縦置きフルタイム4WD
●タイヤ:前265/40R20、後295/35R20
●価格:2353万円(税込み)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fuz*****|2019/03/11 23:47

    違反報告

    どうせ、Eクラスベースなんだから、このスタイルだったら、E63sあるいはE63sクーペでいいんじゃない?
    GT53とか43は、もはやGTじゃない。こちらもCLSでいいんじゃない?

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します