現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 遊び疲れて家族は爆睡……な帰りの辛さを軽減! ドライバーの味方「運転支援」が秀逸なSUV4選

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.11

遊び疲れて家族は爆睡……な帰りの辛さを軽減! ドライバーの味方「運転支援」が秀逸なSUV4選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドライバーを常に見守ってくれるクルマも登場

 日常生活での便利さだけでなく、休日には思いっきりレジャーを楽しみたいと思わせてくれるのが、まだまだ世界的に大人気のSUVたちです。本格的なクロカンタイプではない、都会派のSUVだとしても、いざとなれば少しくらいのラフロードもへっちゃらだし、雪道や雨の日の安心感が高いところも、人気の理由なんですよね。

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

 でも、誰もが経験していることと思いますが、朝早く出かけて現地でクタクタになるまで遊んだあと、さぁ帰ろうとなったら高速道路は大渋滞……。家まで何時間かかるんだよ~って、かなり憂鬱になりますよね。

 そんな時に嬉しいのが、全車速追従機能付きACCなど、運転をラクにしてくれる運転支援装備が付いているSUVです。速度の上限をセットしておけば、足をペダルから離していても前を走るクルマの加速・減速に合わせて、一定の車間距離を保ちながら走ってくれるので、頻繁なペダル操作もいらないし、一度使うと疲労感がぜんぜん違うと実感できるはずです。

 今回はそんな、運転支援装備が優れているSUVたちをご紹介したいと思います。

 1)ボルボXC40

 まずは、日本でもいち早く衝突被害軽減ブレーキの採用を決めるなど、安全&運転支援技術に関しては先駆者の感がある、ボルボ。その最新SUVであるXC40もまた、そうした装備が優れている1台です。

 全車速追従機能付きACCがとても滑らかな動作で、自分で運転しているのとほとんど違和感がないので安心できるのはもちろん、70km/h以上で追従走行している時にウインカーを操作して追い越しをしようとすると、車両を一時的に加速させてスムースに追い越しができるよう支援してくれる、「追い越しアシスト」機能があって気が利いていますよね。

 また、140km/h未満で走行中にACCを作動させると、車線を維持するためのステアリングアシストも作動。女性にはちょっとハンドルが重くなるかもしれませんが、安定感は高まります。

 2)スバル・フォレスター

 続いて、国産メーカーとしては早くから「アイサイト」を低価格で搭載して、運転支援装備にも力を入れてきたスバルから、昨年フルモデルチェンジしたばかりのフォレスター。

 最新世代に進化したアイサイト・ツーリングアシストが搭載されて、その動作の賢さ、ステアリングアシストのきめ細やかさでは、現時点でトップクラスではないでしょうか。日本では、首都高速道路で試すとメーカーによってかなり性能差がハッキリと現われるのですが、環状線の急なカーブでもステアリングアシストが途切れず、スムースに作動したのはスバルがもっとも高い確率でした。

 それだけ、日本の道でのテストを繰り返して進化しているということで、私たちも安心して走れますよね。また、フォレスターのハイブリッドモデルは実質的に最上級グレードとなりますが、それには顔認証でドライバーの居眠りなどを監視してくれる、「ドライバーモニタリングシステム」が搭載されています。レジャーで疲れた後の渋滞中、居眠りの危険性は高まると思いますので、こんな装備があるのも安心です。

 セットする際の操作の簡単さも重要!

 3)日産エクストレイル

 さてお次は、日産としてはまだ3車種にしか搭載されていない「プロパイロット」が手にはいる、エクストレイル。市街地でも扱いやすいサイズながら、海や山へアクティブに出かけたい人をサポートする、防水シートやフロアなどが便利なSUVです。

 プロパイロットは、全車速でアクセル、ブレーキ、ステアリングをクルマが自動で操作してくれる機能。ボタンを2つ押すだけの簡単操作でセットできるのも、分かりやすくていいですね。

 さらに、SUVならではなのが、「インテリジェント・ライドコントロール」という世界初の装備が付いているところ。車体の上下動を予測して、駆動力とブレーキを制御することでデコボコ道での振動を減らしてくれるのです。微振動から大きな揺れまで、さまざまな起伏に対応して、乗り心地と安心感をアップしてくれるので、クルマ酔いしやすいお子さんなどにも嬉しい機能ですね。

 4)レクサスUX

 そして最後は、コンパクトサイズなのに美しいデザインが好評のレクサスUX。こちらも全車速追従機能付きACCに加え、車線をトレースして運転支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」があります。単眼カメラでの白線認識と、先行車の走行軌跡、どちらも検知してくれるので、渋滞中など白線が見えにくい場合には、先行車の後をたどって走ってくれるのです。

 また、レクサスのシステムが優れているのは、クルーズコントロール作動中に、割り込み検知がしっかりしていること。追従走行では、どうしても少し車間距離が空いた状態になるので、どんどん他のクルマが前に入ってきてヒヤリとする、なんてことも多いのですが、UXならそんな時でも安心。

 さらに、80km/h以上で追い越しをする場合に、ウインカーと連動して設定速度まで早めに加速する機能も付いているので、追い越しがスマートです。

 こうした運転支援装備は、まだメーカーや車種によって、さまざまなレベルが入り乱れている状態。追従機能がついていても、30km/h以下では作動しない、なんてクルマもあります。それだと、渋滞走行では使えないので要注意。しっかりチェックして、SUVでのレジャーをもっと楽しくラクなものにしてくださいね。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP まるも亜希子)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nob*****|2019/03/11 18:22

    違反報告

    ツーリングアシストで、東京~名古屋まで一切運転しないで行けて疲労感ゼロでした。
    私より運転上手いし安心して任せられる。映画2本見れた。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します