現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > シャコタンもいいけど今どきは……クルマのカスタムで流行の「アゲ系」とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.10

シャコタンもいいけど今どきは……クルマのカスタムで流行の「アゲ系」とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 じつは昔からあったカスタマイズの手法

 クルマの車高は低いほうがエライ! ということでエアサスを使ってボディを“着地”させるようなカスタムがある一方、車高を上げる「アゲ系」も増えていることは、大阪オートメッセなどのカスタム系カーショーを眺めていると明確な事実として感じられる。

    ホントに使えるクルマはどれだ? 流行りの3列シートSUV最新車5台のマルとバツ

 ショーに展示されているカスタムに「アゲ系」が増えている。シャコタン(言わずもがな、車高を低めるチューニング)がカスタムカーの基本と思っていると、急に増えてきたアゲ系は新しい手法と思ってしまうかもしれないが、そうでもない。昔からクロカン4WDなどに大きなタイヤを履かせるリフトアップ、ビッグフットといったカスタムは存在している。

 日本でもRVがブームになった1990年代にはリフトアップした4WDがカスタムの最前線として流行ったこともある。アメリカのエンタメ系モータースポーツである「モンスタートラック」にインスパイアを受けた子供向けのラジコンやおもちゃを見かけることもあるだろうが、そうしたスタイルをストリートで表現する手法は以前からあったのだ。

 一方、近年のトレンドとして特徴的なのは軽トラや軽1BOXをベースにしたものが目立っていること。アメリカンなリフトアップのような威圧感もなく、どこかチョロQ的でかわいいシルエットが人気を呼んでいる。

 SUVブームが高い車高の魅力を定着させた

 その背景にはクロスオーバーSUVが一大ジャンルとして定着したこともあるだろう。SUVの流行は最低地上高に余裕のあるクルマがかっこいいという評価基準を生んだともいえる。また、軽トラであればベース車の価格も安いので思い切りカスタムを楽しみやすい。そして、じつはリフトアップは意外にコストがかからない。

 とくに40mm以内の「ちょいアゲ」であればリフトアップ用に開発されたアフターパーツのコイルスプリングに交換するだけで可能だ。なお、軽トラのリヤはリーフスプリングなので、ブロックと呼ばれる金属の塊を利用する。いずれにしても、スプリングの部品代(2万~5万円くらい)と工賃くらいのコストでリフトアップは可能だ。

 さらに、こだわるのであればサスペンションアームの取り付け部分の位置をオフセットするブロックやステーを使って車高をあげる「リフトアップキット」などと呼ばれるパーツもサードパーティーで用意されている。こうしたキットの価格も軽自動車ベースでは、15~20万円といった価格帯で見つけることができる。

 もちろん、アゲ系スタイルには大きめでパターンもワイルドなタイヤも必須アイテムだが、軽トラ・軽1BOX、さらにスズキ・ハスラーなどをベースにするのであれば、絶対的には小さめのサイズとなるので、こちらもそれほど高価にはならない。軽自動車のアゲ系カスタムは、見た目のインパクトのわりにリーズナブルに楽しめるのも魅力だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 山本晋也)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • fd3*****|2019/03/10 21:28

    違反報告

    20年ぐらい前に知人がデリカのリフトアップにデカイタイヤ履かせたの乗ってたけど、めっきり見なくなったな
  • osa*****|2019/03/10 20:03

    違反報告

    ランクル系や旧デリカでリフトアップしてるのがいるが真後ろにつかれるとヘッドライトの光がまともに来てまぶしい。気の効いたドライバーは信号待ちで消してくれるがそうでないのもいる。
    正直、迷惑。
  • xpj*****|2019/03/10 19:56

    違反報告

    流行り廃りじゃなくて、車のキャラや使用目的を考えれば分かることでしょ。
    ジムニー車高短にしたり、86リフトアップしてる人は少数派だと思うけど・・・

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します