現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「プリウス」「アクア」「ノート」… いま最も売れている人気トップ5とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.9

「プリウス」「アクア」「ノート」… いま最も売れている人気トップ5とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■2018年売れ筋コンパクトカートップ5

 クルマを買う時、特別な思いや必要装備が決まっていなければ、売れているクルマを選びたくなるのが人の心かもしれません。『販売台数No.1』を謳う広告も頻繁に見かけますが、本当はどのくらい売れているのでしょうか。

    日本のコンパクトは「ノート」「アクア」の2強時代? なぜ「フィット」は加われないのか

 日本自動車販売協会連合会(通称:自販連)が公開している『乗用車ブランド通称名別順位』から、売れ筋のコンパクトカーに絞って2018年1月から12月までに売れた台数と、車両価格を調べてランキング形式で紹介します。

●【1位 日産「ノート」13万6324台(前年比98.1%)】

 日産「ノート」の2018年内の販売台数は、前年比98.1%と好調を維持し13万6324台となり、乗用車ブランド通称名(商品名)別順位で堂々の1位に輝いています。

 テレビCMでも見かける『技術の日産』を象徴する、エンジンで発電してモーターだけで走る「e-POWER」。最上位グレードである「e-POWER MEDALIST FOUR ブラックアロー」(モーターアシスト方式4WD)の価格は、264万0600円と一般的なコンパクトカーより高めの設定。

 e-POWERシリーズのベーシックグレードである2WDの「e-POWER S」であれば190万1880円となります。e-POWERではなく、79psを発生する1.2リッターのベーシックグレードである「S」ならば142万1280円とリーズナブルな価格設定となっているため、シティーユースなどに人気です。

●【2位 トヨタ「アクア」12万6561台(前年比96.2%)】

 トヨタ「アクア」の2018年内の販売台数は12万6561台、前年比96.2%です。日産「ノート」に負けてしまった感がありますが、1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムを搭載。

 現在、販売されている最上級グレードで「インテリジェントクリアランスソナー」を装備し、ボディーカラーやインテリアなどを変更した「特別仕様車 Crossover“Glam”」の車両本体価格は212万3280円です。

 また、ハイブリッドのベーシックグレードである「L」であれば178万5240円ですので、「ノート」と迷う人が多いのもうなずけます。

■デビューから20年以上、あのトヨタの人気車種もランクイン

●【3位 トヨタ「プリウス」11万5462台(前年比71.8%)】

 世界初となる『量産ハイブリッド自動車』として1997年にデビューしたトヨタ「プリウス」。

 現行モデルは、4代目となり、2018年内の販売台数は11万5462台(前年比71.8%)と低迷してしまいました。

 初代の1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムから、現在はシステム全体の高効率化がされた1.8リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムを搭載し、コンパクトカーと呼ぶよりは少し上級なクルマへと成長しています。

 その車両本体価格も、最上級グレードの「Aプレミアム“ツーリングセレクション”E-Four」では347万8680円、もっともベーシックな「E」でも251万8560円ですので、エクステリアデザインの好き嫌いが言われることも多いですが、低価格ハイブリッド車の登場などによる価格面の影響も販売減少の原因ではないでしょうか。

●【4位 トヨタ「シエンタ」9万4048台(前年比97.1%)】

 コンパクトカージャンルで販売数4位となったのはトヨタ「シエンタ」。前年比97.1%の9万4048台と好調を維持しています。

 コンパクトサイズのミニバンでありながらも乗車定員6/7名の3列シート車ですが、2018年のマイナーチェンジ時には、最大荷室長2065mmのラゲージスペースが魅力の2列シート車「FUNBASE X」と「FUNBASE G」を新たに設定しました。

 1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムを搭載した最上位グレードの「G Cuero(ジークエロ)」(7人乗り)の車両本体価格は253万2600円。

 ハイブリッドのベーシックグレードである「FUNBASE X」(5人乗り)であれば218万7000円。もっともベーシックな1.5リッターガソリンエンジン車の「FUNBASE X」(5人乗り)であれば177万6600円のため、コンパクトサイズのミニバンが欲しい方には、手の届きやすい価格帯です。

●【5位 ホンダ「フィット」9万0720台(前年比92.6%)】

 ホンダ「フィット」の2018年内の販売台数は9万0720台 前年比92.6%でした。センタータンクレイアウトを採ったことで室内空間が広いことや、ベーシックなコンパクトカーでありながらも、堂々としているように見えるエクステリアデザインは、多くのドライバーたちに愛されています。

 1.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムを搭載した最上級グレードである「HYBRID・Modulo style Honda SENSING」の4WD車は、車両本体価格241万9200円とコンパクトカーとしては高価ですが、ハイブリッドモデルのベースグレード「HYBRID」の2WDなら169万9920円です。  さらに、1.3リッターガソリンエンジンを搭載するベーシックモデル「13G・F」なら142万8840円ですので、手ごろな価格のコンパクトカーが欲しい方にはオススメです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します