現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 何を選べばいいかわからない! 一般的なガソリンスタンドでできる洗車の種類と特徴とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.9

何を選べばいいかわからない! 一般的なガソリンスタンドでできる洗車の種類と特徴とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガソリンスタンドの洗車メニューはおもに3パターン

 愛車の洗車、どこでやっていますか? 自宅の前? コイン洗車場? 専門業者といろいろあるだろうが、やはりガソリンスタンドで洗車している人が多いのではないだろうか。

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

 ガソリンスタンドの洗車メニューには、ゲート型の洗車機を使ったドライブスルーの「セルフ洗車」と「手洗い洗車」、そして洗車機で洗って、拭き上げや車内清掃はガソリンスタンドのスタッフに任せる、「スタッフ洗車」の3パターンがある。

 もっともポピュラーなのは、セルフ洗車。セルフ洗車には、いくつかコースがあって、安価なシャンプー洗車なら300~400円。ワックス洗車なら、500~700円。泡洗浄+ワックスだと、1000円ぐらい。ポリマーやコーティング洗車だと1200円前後、ガラスコートまでやると2500円ぐらいになる。その他、プラス1往復、下部洗浄、ホイール洗浄などのオプションが、それぞれ+200~300円で追加できるのが一般的。

 セルフ洗車の最大のメリットは、短時間で手軽に利用できること。デメリットは拭き上げがセルフになるという点だ。

 差がつくのは洗浄よりも最後の拭き上げ!

 じつは、洗車で差がつくのは、洗浄よりも最後の拭き上げ。拭き上げの良し悪しで、仕上がり具合が変わるので、ここは根気とノウハウ、そしてテクニックがモノをいうところ。ここにこだわる人は、洗車のプロ、あるいはセミプロ(アルバイト)に頼む「スタッフ洗車」(1000~1500円)というのもひとつの手(もちろん、スタッフだって経験値、センス、技術度には差がある)。

 また洗車機で洗うと、いわゆる『洗いキズ』が心配という人も……。いまの洗車機は、ゴムやスポンジ製のブラシを使っているところが主流で、センサーの精度も上がっているので、ボディ形状に合わせて自動調整してくれるので、傷もつきにくく、洗いムラもかなり少なくなってきている。

 それでも気になるという人は、ブラシを使わず、高圧で洗浄液と水を噴射して洗う、「ノンブラシ式」の洗車機を利用するか、手洗い洗車を頼むのがベスト。一部には、いまだにナイロン製もしくはプラスチック製のブラシを使っている洗車機もあるので、こうした古いタイプの洗車機は避けておいたほうが懸命だ。

 手洗い洗車は、概ね2500円~ぐらいで、時間も20~30分はかかるが、仕上がりはきれいなはず。最近では、大手カー用品店でも洗車メニューがあるところがあり、こうしたところでもガソリンスタンド同様、手洗い洗車をオーダーできる。

 最後に意外な穴場として、ディーラーの洗車メニューもけっこうオススメ。ディーラーでは、車検や整備に出したときは、無料で洗車してくれることが多いが、有料の洗車メニューもある。

「○○コート洗車」などの名称で、1000~1500円ぐらいと比較的安い。予約もできるし(原則要予約)、ショールームでゆっくりできるし、飲み物などのサービスも……。チラシなどで、洗車の割引サービスのお知らせが入っていることもあるので、そうしたときはとくに狙い目。

 これから厄介な花粉の季節。洗車も時間とコスト、クオリティを考えて、上手に使い分けて、きれいな愛車をキープできるように工夫しよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 藤田竜太)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します