現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界初で世界一!?「日産リーフ」EVで世界累計販売台数40万台達成

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.8

世界初で世界一!?「日産リーフ」EVで世界累計販売台数40万台達成

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■サステナブルモビリティへと向かう世界的な動きを牽引し続けるモデル

 日産自動車は、サステナブルモビリティへと向かう世界的な動きを牽引してきた「日産リーフ」が、電気自動車(EV)として史上初となる販売台数400,000台を達成した事を発表しました。

    日産「リーフ」が航続距離570キロを実現! 長距離走れるハイパフォーマンスモデル「e+」登場

「日産リーフ」はワクワクするEVの走りや便利さを、手頃な価格で体感できる世界初の量産電気自動車として、2010年に発売されたモデルです。

 発売当初はニッチな製品だったEVが、現在では次に購入するクルマとして検討されるレベルまで浸透しています。

 その中でも「日産リーフ」はゼロエミッション車であることに加え、パワフルで俊敏な高い動力性能や「プロパイロット」などの高度な先進技術により、高い人気を獲得している1台です。

 さらに日産自動車として持続可能なゼロエミッションモビリティのグローバルリーダーとなることを目指し、多くの政府や公益事業者とともに、EVの普及や充電の利便性の向上、そしてバッテリーの二次利用にも取り組んできました。

 2010年の発売から、社を挙げてさまざまな取り組みや試行錯誤をしてきた結果、累計販売台数をもとに算出すると「日産リーフ」がこれまでに走行してきた距離は、100億キロメートル以上。これは、1年あたり380万バレルに相当する石油を節約した計算となります。

 これら日産リーフの達成した数々の記録について、グローバル販売・マーケティング・EVを統括する副社長のダニエレ スキラッチ氏は次のように語ります。

「この大きなマイルストーンが示すことは、400,000人を超えて増え続けるお客さまが、『日産リーフ』が提供するワクワクするドライビングやさまざまな魅力に価値を見出しているということです。『日産リーフ』は今後も『ニッサン インテリジェント モビリティ』の象徴であり続けます」

 進化を止める事を知らない「日産リーフ」は、2018年に欧州でEVの販売台数1位となり、ノルウェーにおいては、EV以外の車種も含めた年間販売台数の第一位を獲得しています。

 初代の登場から着実に進化し続け、2017年にフルモデルチェンジを果たした新型「日産リーフ」は、最高出力110kW、最大トルク320N・mを発生するなど、パフォーマンスを大幅に向上させました。

 また、2019年1月下旬には新型パワートレインを搭載し、出力と航続距離を約40%向上させた「日産リーフ e+」をラインアップに追加。さらに2019年春には米国、そして欧州でも発売される予定です。

 そして「日産リーフ」も現在50以上の市場で販売されていますが、2019年前半にはさらにラテンアメリカの6つの市場で、また年末までにアジア・オセアニアの7つの市場でも発売される予定です。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nir*****|2019/03/08 21:00

    違反報告

    こんなどうでもいい記事より全国区で話題のゴーンの事をなぜもっと取り上げない?やっぱり日産から口封じの金貰ってんの? こういうしょうもない日産PRの記事最近多いのはそういうことなん?
  • yos*****|2019/03/08 21:18

    違反報告

    この価格帯でほぼ独占状態で9年目を迎える
    それなのにたったの40万台

    インフラ次第だろうがあっさり抜かれるだろうな
    先駆者らしく立て続けに新型投入したいところだろうが
    どこも売れないと踏んでるから時期を見てる感じか
    海外は動きが早いから、バッテリーとモーターで決まるEVなんてすぐ他社にもってかれちゃうぞ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します