現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 現行のトヨタ「プリウス」 マイナーチェンジで何が変わったのか

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.8

現行のトヨタ「プリウス」 マイナーチェンジで何が変わったのか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■「歌舞伎顔」から「おとなしめ顔」にフェイスチェンジ

 トヨタの「プリウス」といえば、日本を代表するハイブリッドモデルです。初代は、世界初の量産ハイブリッド車として1997年に登場しました。

    トヨタ史上最強の「マークX GRMN」登場 楽しすぎる乗り味に思わず「こりゃ最高ですね~!」

 その後、2代目(2003年から2009年)、3代目(2009年から2015年)、そして現行モデルの4代目(2015年)と続いていきます。

 トヨタ「プリウス」は、最大の特徴でもあるハイブリッド技術を年々向上させているほか、燃費性能の向上や革新的なデザインなど進化しています。

 しかし、現行「プリウス」の奇抜なデザインに批判的な声が多く、それまで販売面でも好調だった歴代に比べて、若干苦戦を強いられるのです。

 同社や他社に、ハイブリッドモデルが普及したという点も低迷理由にはありますが、2018年12月にはマイナーチェンジを行います。

 マイナーチェンジのポイントとしては、それまで不評だった「外観デザイン」を変更したのです。

 フロント面は、『歌舞伎顔』と称されていたヘッドライト周辺のデザインを変更。リア面では、縦型のテールライトからトランク中央に伸びる造形に変えています。

 また、「プリウス(Eグレード)」は40.8km/L(JC08モード)という、高い燃費性能を誇っていましたが、マイナーチェンジでは39.0km/Lと数値上では落ちているのです。

 これは、ベースモデルとなる「Eグレード」にも先進安全装備を追加したことにより、重量が増えたことが要因としており、トヨタは『燃費の数値より、お客様の安全性を考慮した結果です』と説明しています。

 今回のマイナーチェンジによるユーザーの反応は、好評のようです。ベースグレードの安全性が向上したことで、販売面での復権も期待できそうです。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zoo*****|2019/03/08 17:42

    違反報告

    安全装備が充実したのは喜ばしい事だと思うけど、あのライトの前後デザインはひどい。
    今回どれだけ変わるか期待したが、メイク後からメイク前のスッピンになったみたいで全く印象が良くならなかった。
  • kan*****|2019/03/08 17:36

    違反報告

    マイナーチェンジで何が変わったか?それは、人々のプリウスに対する見る目、意識が変わったんでは?と思う。盲目的にトヨタ車がいいという方は相変わらず多いが、そういった方々でも今回のモデルは否定的な声が多かったと聞く。トヨタはPHEVにおとなしめのスタイルを採用し、拡販につなげ、HVモデルは多少アヴァンギャルドなスタイルでもネームバリューで売れると踏んだのだろうが、甘い見通しだったね。HVモデルがトヨタのラインナップに行き渡った今、プリウスの立ち位置、存在意義をどうするのかトヨタは次期モデルで答えを出すことになりそうだ。
  • ble*****|2019/03/08 17:48

    違反報告

    ダサい以外の何物でもないな
    たとえカッコ良くてもプリウスなんか一生乗ることはない

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します