現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【旧車】60年代の国産スポーツカー (その13)日産 スカイライン2000GTーR

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.8

【旧車】60年代の国産スポーツカー (その13)日産 スカイライン2000GTーR

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1961~70年は、日本の近代スポーツカーが飛躍的に進化した10年だった。この時代に矢継ぎ早に投入された新型スポーツカーは、まさに日本の自動車技術の進化の歴史と言っていい。そんな飛躍の10年を彩った珠玉のマシンを振り返ってみる。今回は、箱スカGT-Rこと日産の初代スカイライン2000GT-Rだ。

何者も追いつけない圧倒的な速さで国内レースを制覇
「日産 スカイライン2000GT-R(PGC10型 1969年2月発売)」

    路上駐車は必ず違反になってしまうのか。実はある“安全地帯”【くるま問答】

この項で以前に紹介したスカイライン2000GT-B(S54B)の後継モデルとして開発されたのが、スカイライン神話をさらに際立たせていった「GT-R」だ。

1968年の東京モーターショーに「スカイラインGTレーシング仕様」として参考出品され、翌69年2月に発売された。

最大の特徴は、なんといってもエンジンだ。グループ6レーシングカー、日産 R380(デビュー時は合併前のプリンス R380)に搭載されたGR8型エンジンを基にして160psを発生するS20型4バルブDOHCを搭載した。

それゆえ「羊の皮を被った狼」のキャッチフレーズが、先代のGTーBから引き継がれていた。

69年の日本GPでは表彰台を独占するなど、国内レースで52勝(ワークスによるもの)という金字塔を打ち立てたことは、モータースポーツファンにはあまりにも有名な話。

70年にホイールベースを70mm短縮して機動性を高めたハードトップへの切り替え後も含めて、ツーリングカーレースで無敵の存在となっていった。

スカイライン2000GT-R(1969年) 主要諸元
●全長×全幅×全高:4395×1610×1385mm
●ホイールベース:2640mm
●車両重量:1120kg
●エンジン・型式:直6DOHC・S20
●排気量:1989cc
●最高出力/最大トルク:160ps/18.0kgm
●サスペンション前/後:ストラット/セミトレーリングアーム
●発売時価格:150万円

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • kan*****|2019/03/08 17:53

    違反報告

    ハコスカも厳密に言うとスポーツカーではないんだけどね。
    本文にもあるとおり、ツーリングカーレースに出ていた通り、ツーリングカーなんだよ。
    GTというのはグランドツーリングっていう意味あるからね。まあ、レーシングカーのエンジンをデチューンして搭載したのがGT-Rだから、スポーツカーと呼びたい心は分かる。
    今も昔もカテゴリーの境界線は、あいまいですね。でも、それでいいんだと思う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します