現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ICTを使ってバリアフリー関連情報を地方公共団体と共有へ 国交省

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.8

ICTを使ってバリアフリー関連情報を地方公共団体と共有へ 国交省

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国土交通省は、ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進を図るため、2018年度取り組んだバリアフリーに関する情報を地方公共団体と連携して効率的にデータ化する手法を検討する。

国土交通省では、歩道の幅や段差、坂道などの情報をオープンデータ化することで、それらの情報を活用したバリアフリー対応ナビゲーションなどを民間事業者が開発することを促している。特に、高齢者や車いす利用者が便利に、快適に移動できる社会の実現を目指してデータ仕様の策定やガイドラインの公表などに取り組んでいる。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

今後、バリアフリーに関する情報を、地方公共団体と連携して効率的にデータ化する手法や、住民の投稿などによる情報収集を検討する。

3月8日に「2018年度第3回ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」を開催して議論する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します