現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「なかなか素晴らしいデザイン」マツダCX-30のデザインをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.8

「なかなか素晴らしいデザイン」マツダCX-30のデザインをスバルの前デザイン部長・難波治教授が語る

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スバルの前デザイン部長で現在は、首都大学東京で教鞭をとる難波治教授が、ジュネーブ・モーターショーを取材。今回はアシスタントなしの単独取材を敢行。デザインチェックと写真撮影をおこなった。第一弾は注目のマツダCX-30である。COMMENT & PHOTO◎難波 治(NAMBA Osamu/首都大学東京教授) まとめ◎MotorFan.jp編集部

 マツダCX-30。これは、なかなか素晴らしいデザインだと思います。CX-3と比べるとはるかにいいと思います。一番歳下だった3が30歳になり、いい青年になった……という感じでしょうか?

    全国のGR Garageでトヨタ・新型スープラを見て・乗って・触れるチャンス!

MF:教授、CX-30は、じつはCX-3の後継モデルじゃないんですよ。現行デミオベースのCX-3に対してこのCX-30は、新型マツダ3ベースのSUVということです。サイズもだいぶ違いますしね。CX-3とCX-30は併売されるそうですよ。


 サイドのシルエットも非常にいいです。それから魂動の第二世代デザインという感じの非常に強い……進化して醸成されてきた感じが強くします。非常によく練り込まれたいい造形、かたまり、表現になっていると思いますね。


 Aピラーからルーフサイドにかけて実際には頭上空間を稼ぎながら、しかしシルエットとしては後ろに流れるようなクーペ調を感じさせるところ、そしてえCピラーの付け根、リヤフェンダーのところにちょっと台というか1ステップがつくような後ろに回っていく取り回しのところなんかも非常に上質にきれいに仕上げられています。


 大きさ感ですけれど、現行CX-3よりもいいサイズになっています。CX-5に遠くないサイズなんでしょうけど、5に対しては、コンパクトでパーソナルなものになっています。

 ただ、フロントクオーターから見たときのドアのキャラクターのやや下の一般面にマイナスに凹んでいる面への映り込みがそんなにきれいなじゃなく感じてしまうことがのが残念です。
 フロント周りともに、非常にいいバランスで乱れもなく、また全体としても質感も高いです。大きなマイナス面のところの映り込みがやや凹んで見えるというか、リフレクションがきれいじゃなく感じてしまうところが、繰り返しますがとても残念です。


 じつは(ここは、小声で)CX-3のデザインは僕はあまりすきじゃないんですが、CX-30はいい。日本車のなかでここまで質感のいいクルマづくりができるということは、マツダっていう会社が一歩抜きんでた気がします。

 マツダCX30の内装です。インパネ内部の構成は3と共用だと思いますが、こちらはケレン味なく仕上げてあります。
 相変わらず後方視界はやや難ありですし、後席は狭いですがCX-3よりは確実に改善されています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します