現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > VW伝説のバギーが復活! 電動化とハイパフォーマンスに特化した4つのモデルを発表

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.7

VW伝説のバギーが復活! 電動化とハイパフォーマンスに特化した4つのモデルを発表

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■電動化して復活したVWの「デューンバギー」

 フォルクスワーゲン(以下VW)は、2019年3月5日から開催されたジュネーブモーターショー2019で、4モデルを世界初公開しました。

    3ナンバー化したVW「ポロ」 スポーティさ満点の追加モデル「Rライン」の実力はいかに?

 これら4モデルは「e-モビリティ(電動化)」と「パフォーマンス」という、ふたつの大きな特徴でカテゴライズされます。

●I.D.BUGGY

「I.D. BUGGY(アイディバギー)」は、VWグループで数多くの電気自動車に採用される予定のモジューラー・エレクトリフィケーション・プラットフォーム(MEB)を用いて開発されました。

 このコンセプトカーは、カリフォルニアのビーチや砂漠で生まれた伝説的な「デューンバギー」を現代風にオマージュ。

 クールな外観、オープンエア、ゼロエミッションを特徴としており、夏の海岸や街中を走ることができるハイテクモデルです。

 フロア下に高電圧バッテリーを搭載したこの電動バギーは、クルマと共に過ごすライフスタイルを一変させる魅力を持っています。

●新型パサート

 これまで以上に快適かつデジタル化しつつ、高度なコネクテッド機能を備える8世代目の新型「Passat(パサート)」は、世界でもっとも成功した最新のミドルサイズセダンです。

「パサート」は、あらゆる速度域で部分自動運転を実現できる 「トラベルアシスト」に加え、「キャパシティブス・テアリング(ハンドル保持検知機能)」という先進機能を搭載しています。

 また、プラグインハイブリッドモデルの「パサートGTE」は、EVモードの航続距離が大幅に伸びて、短時間であればEV同様のゼロエミッション走行が可能です。

■スーパーカーも真っ青の最強ディーゼルを搭載

●T-Roc R

 2017年発売の「T-Roc(Tロック)」に、最上級仕様の「T-Roc R」が新たに追加されます。

 スポーティな専用デザインをまとった コンパクトクロスオーバーSUVの高性能版で、フロントとリアのデザイン変更に加え 「パフォーマンス」「ライフスタイル」「日常ユース」での使い勝手を進化させています。

 搭載されるエンジンは2リッター4気筒直噴ターボで、最高出力は300馬力、最大トルクは400Nmを発生。

「T-Roc R」の開発は“Volkswagen R”が担当し、ドイツの伝説的なサーキット、ニュルブルクリンクでもテストしています。

●トゥアレグ V8 TDI

「Touareg(トゥアレグ)V8 TDI」に搭載されるエンジンは、最高出力421馬力、スーパーカーに匹敵する900Nmもの最大トルクを発生し、ドイツ製ディーゼルSUVの中でも最高レベルのパワースペックです。

 実際の走行性能は0-100km/h加速は4.9秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)を誇ります。

 この新しいV型8気筒ハイテクディーゼルエンジンは、他のモデル同様、最新の排ガス規制(Euro 6d-TEMP)の要件を満たす環境性能も両立。

 また、標準装備のエアサスペンションによって、プレミアムSUVとして優れた快適性も同時に提供可能となっています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します