現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もっと気軽にレース参戦を! トヨタ「GR Supra GT4 Concept」を世界初公開

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.7

もっと気軽にレース参戦を! トヨタ「GR Supra GT4 Concept」を世界初公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■モータースポーツ専用の「GR Supra GT4 Concept」

 トヨタは、「ジュネーブモーターショー2019」で新しい「GR Supra GT4 Concept」が世界初公開されました。

    トヨタが1000馬力、価格も1億円級のモンスターマシンを市販化へ

 この 「GR Supra GT4 Concept」は、TOYOTA GAZOO Racing初のグローバルモデル「GR Supra」をベースとしたレーシングモデルの一つとして製作。欧州のモータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツが開発を担当しています。

 GT4とは、欧州や米国でも人気を博しているカスタマーモータースポーツカテゴリーの1つで、市販車に改造を加えたレース仕様車をユーザーが購入し、スーパー耐久シリーズやVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)など世界中のさまざまなレースに参戦することができるものです。

 お披露目された 「GR Supra GT4 Concept」のパワートレインは、シングルツインスクロールターボチャージャーを装備した3リッター直列6気筒ガソリンエンジンをオートマチックトランスミッションと組み合わせた仕様。モータースポーツ仕様のドライブシャフトとリミテッドスリップディファレンシャルも採用。

 ボディサイズは、市販モデル(日本仕様)の全長4380mm×全幅1865mm×全高1295mmに対して、「GR Supra GT4 Concept」は全長4460mm×全幅1855mm×全高1250mmです。

 また、市販モデルからさらなる軽量化を図るとともに、ロールケージ、サスペンション、ブレーキ、リアウィングなどのレース専用部品を装着しています。

 簡素化された車内には、高強度のロールケージとFIA規格の消火器、OMPレーシングシートを装備。このコンセプトカーには、モータースポーツ専用の燃料タンクと高速給油システムも装備されているのです。

 GT4は、世界で最も急成長しているモータースポーツのカテゴリの1つで、ヨーロッパ、北米、アジア、オセアニアで国内および地域のレースが開催されています。

 過去には、世界のモータースポーツシーンで活躍していたスープラ。2019年は、米国で人気のNASCARエクスフィニティ・シリーズに加え、ニュルブルクリンク24時間耐久レース(SP8Tクラスを予定)に参戦を予定。また、2020年には日本国内の最高峰レースSUPER GTのGT500クラスにも参戦するといいます。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rnn*****|2019/03/08 00:30

    違反報告

    レースって、やっぱ庶民には敷居は高いよな。

    例えば、VITAやフォーミュラエンジョイ、ヴィッツにしても、車両がなんとか買えても、練習するには、鈴鹿本コースや、FISCOとか、小一時間走っただけでも福沢さんが消えていくコースを走らないといけない。

    ホントに趣味、三月することに意義がある!的な考えなら、練習しなくても良いかも知れない。
    まあ、それだと予選走って終わるだろうが…

    どうせやるなら、少しでも上位に行きたい。
    そうすると、月に何回もスポーツ走行に行かないと無理。

    って考えると、底辺カテゴリーだとしても、JAF公認のレースは無理だよねってなる。
  • miz*****|2019/03/08 10:27

    違反報告

    フロントのナンバープレート付けたらデザインが台無し。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します