現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動車事故の責任割合の判断をAIがサポート、解決までの期間を3割短縮…三井住友海上火災保険

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.7

自動車事故の責任割合の判断をAIがサポート、解決までの期間を3割短縮…三井住友海上火災保険

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友海上火災保険は3月6日、AI(人工知能)技術を活用した自動車事故対応をサポートするシステムを構築して運用を開始したと発表した。

システムは、保険金支払担当者が事故の状況や責任割合、ケガの症状などの事故状況や責任割合、ケガの症状などに関する内容を文章入力して検索すると、あらかじめ機械学習した数千件の裁判例から、AIが迅速、的確にそれぞれに応じた回答候補を一覧にして表示するもの。事故対応の高度化を図る。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

これによって契約者に明確な根拠に基づく説明を迅速、容易に行うことができ、事故解決に要する時間を短縮できるほか、顧客の期待やニーズに応える事故解決を目指す。例えば、対人事故では治療終了から解決までの日数を約30%(平均1カ月)短縮することを目指す。

また、今後、システムとドライブレコーダーの画像を連動させ、判例に加えて、最適な過失割合を導き出す仕組みの開発も検討する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス レスポンス編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2019/03/07 11:00

    違反報告

    ドライブレコーダー設置を全てのクルマで義務付け(法律)れば、3割短縮なんて小さな改善ではなく、9割短縮も可能でしょう。
    もっと革新の意識を持ってほしい。車両運送法(クルマの各種規制をする法律)を管轄する国交省に言ってるんだよ。クルマ社会の為にもっと良い仕事をしてくれ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します