現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2018年に新型車が1台もなかった日産 それでも「ノート」「セレナ」が売れた理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.7

2018年に新型車が1台もなかった日産 それでも「ノート」「セレナ」が売れた理由

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■悪いニュースが続いた日産ながら、販売ランキングでは「ノート」が首位に

 いま話題の日産のお話しです。2018年は完成検査不正問題からカルロス・ゴーン前会長の不正に至るまで様々な悪いニュースが飛び交いました。日産が設立してからこれまで、こんなにも不正に関する問題が取りざたされた年はなかったのではないでしょうか。

    日本のコンパクトは「ノート」「アクア」の2強時代? なぜ「フィット」は加われないのか

 そんな日産ですが、新型車の話題はとんと聞こえてきませんでした。2018年を振り返ると、フルモデルチェンジや新規投入車は1台もありませんでした。

 それでも「ノート」や「セレナ」の販売は好調で、2018年1~12月期の登録車の販売ランキングでは、1位が「ノート」で13万6324台、「セレナ」は4位の9万9865台を記録しています。

 さらに年が明けても2車種の販売は快調で、2019年1月には、これまでランキングのトップに君臨していたトヨタ「プリウス」「アクア」を抑え、ノートが1位(1万1448台)、セレナが2位(1万110台)となりました(登録車、日本自動車販売協会連合会調べ)。

 このように、少し状況が変わった今の日産について、解説してみたいと思います。

■日本だけじゃない グローバルでも新型車の投入が少なかった日産

 実はこれを論じるのに、今の時期は相応しくはありません。と、いうのも日産本体の決算は3月なので、今の時点で最新のデータがきれいに出そろってはいないからです。それでもある程度の傾向はわかります。

 さきほど、日本で日産は新車を出さなかったといいましたが、実はグローバルでも、この傾向は同じで、世界的に新型車の投入が少なかった時期にあたっていました。

 たとえば、アメリカでは「アルティマ(日本名:ティアナ)」が2018年3月に発表され、2018年9月に発売開始された程度。中国では、「リーフ」に続く電気自動車第2弾となる「シルフィ ゼロエミッション」が2018年4月に発表、同10月に発売されましたが、他に目玉となる新型車はありません。これは欧州も同様でした。

 日産自動車発表のデータでは、2017年度のグローバルでの台数は577万台と過去最高を記録。2016年度より2.6%増となりました。

 では、各リージョンではどうでしょうか。日本は2016年4月~2017年3月期で見ると、58万4000台と前年比4.8%増。中国は2017年1月~12月期で152万台となり、前年比12.2%プラス。そしてアメリカでは、2016年4月~2017年3月期159万3000台で0.7%増。最後に欧州ですが、2016年4月~2017年3月期で65万2000台と前年比4.6%減となっています。

 ここで注目したいのは、グローバルの台数に対して日本の割合が決して大きくないということ、というよりも明らかに小さいことです。これは何を指すのかというと、ビジネスとして見た時にそこにどれだけの開発資源を投下するかという判断において、決して大きな資源は投下できないということになるのです、あくまでクールに判断すると。

 それは当然です。台数がたくさん売れているアメリカや中国に魅力的なクルマを投入することで、さらに販売台数を増やして利益を生んでいくというのが企業としての本来の姿なのですから。

■日産ディーラーはそろそろ息切れ!?「ノート」「セレナ」と軽自動車くらいしか売るものがない

 日産は日本市場をないがしろにしているのでしょうか?

 新型車が少ない、あるいは日本市場には1台もなかったというのは事実ですが、前述の通り、それはグローバルでも共通でした。

 本来は発表タイミングを平準化して毎年各リージョンで新型車(FMCもしくは新モデル)を投入するのが理想です。しかし、モデルチェンジのタイミングで、開発している技術をどう織り込んでいくか、さらにそれらをリージョンごとに…ということを考慮すると平準化していくのもなかなか難しい状況というのも事実です。2018年はたまたまそういう時期にあたってしまったといえます。

 そういう事情もあり、日産ディーラーでは必死になって売れそうな「ノート」や「セレナ」(そして軽)を販売したのです。これは裏を返すと、それ以外のクルマに力を入れなかったともいえます。

 とにかく売れそうなクルマを何が何でも売る、それがディーラーの現状です。なぜなら他に選択肢がないからです。

 ディーラー関係者に少し話を聞いてみたのですが、これが現実でした。そして、彼らは一様に、そろそろ息切れだともいっています。1年以上この2~3車種を重点的に販売しているのですから、それも当然です。

 しかも、商品としてみても、「セレナ」のプラットフォームは先代からのキャリーオーバーですし、「ノート」も2012年デビューですからすでに8年目を迎えます。どちらも電動パワートレインの「e-POWER」を搭載し、「セレナ」は高速道路同一車線自動運転技術の「プロパイロット」を前面に打ち出して新鮮味を確保していますが、それも限界に近付いているでしょう。

 というよりも、現状でこの台数を販売できているのはディーラーの努力のたまものといってもいいくらいです。

■2019年は軽自動車をはじめとした新型モデルが登場する予定

 ではこれからの見通しはどうなのでしょうか。

 2018年は何とか前年比を上回るかもしれませんが、そろそろ限界でしょう。とくに日本市場は、この2台でこれまで以上の販売台数を期待するほうが無理というものです。ディーラーからも、買い替え時に顧客にオススメできるクルマがないので、日産に定着させにくいという声も聞かれました。

 しかし、2019年には新型の軽自動車が登場します。また、その後もいくつかの新型車が控えているようです。

 日産の広報部からも、「2018年は結果として新型車が少ない時期になってしまいましたが、今年以降、ご期待ください。また、日本のみ新型車が少ない、という状況は一時期たしかにありましたが、現在はもうその時期を脱したといえると考えています」とコメントをもらいました。

 日産はグローバル企業であるとともに、やはり日本の企業であってほしい。そのお膝元の市場をないがしろにすることはないと、ここは信じたいものです。

 そして、魅力的なクルマというものは結果としてどの市場でも受け入れてもらえるはずです。そういったクルマを積極的に日本にも導入してもらいたいものです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 内田俊一)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mui*****|2019/03/07 11:25

    違反報告

    詐欺的誇大広告一歩手前の宣伝のおかげだろう。

    ガソリンで走ってるくせに、なにが「電気自動車の新しいカタチ」だよ。

    電気自動車に求められる環境性能を持ってないだろ。

    ただの運転支援なのに、「自動運転」って言ってたしな。


  • hir*****|2019/03/07 12:04

    違反報告

    国内販売は確かに縮小傾向にあるのかも知れないけど、新型を全く出さなくて自分たちで更に縮小してる感はあるよね。
    日産に限らず、グローバルグローバルって足元を疎かにして、品質に厳しい日本人が乗ってるからって言うブランドが無くなってくるとさてどうなるか。
  • yas*****|2019/03/07 12:59

    違反報告

    昨年は新車を1台も造れず
    ハイブリッド車をまともに造る事が出来なくて電気自動車に発電機を追加してお調子にのっている。
    今の日産はめちゃくちゃだ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します