現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マツダが6番目のSUV 新型「CX-30」世界初公開! 全ラインナップの半分がSUVに 初の2桁車名も採用

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.6

マツダが6番目のSUV 新型「CX-30」世界初公開! 全ラインナップの半分がSUVに 初の2桁車名も採用

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■マツダ新世代SUVの第二弾

 マツダは、新型「マツダ3」に続く新世代商品の第二弾となるコンパクトクロスオーバーSUV「マツダ CX-30(シーエックス サーティー)」をジュネーブモーターショーにて世界初公開しました。

    マツダ 新型「マツダ3」試乗で驚きの連続! ついにクラス王者VWゴルフ超えも

 新型「CX-30」は、マツダのデザインテーマ『魂動デザイン』を具現化したエレガントなスタイルとSUVらしい力強さを融合させたコンパクトクロスオーバーです。

 ボディサイズ(欧州仕様)は、全長4395mm×全幅1795mm×1540mmとなり、同社SUV「CX-3」と「CX-5」の中間です。「CX-30」は、広い室内空間とラゲッジスペースを実現して市街地での取り回しのしやすさや優れた乗降性を確保した、クルマとしての使い勝手の良さを追求しています。

 パワートレイン(欧州仕様)は、気筒休止機能を搭載した2リッターガソリンエンジン(SKYACTIV-G)と、なめらかで余裕のある走りを実現する1.8リッターディーゼルエンジン(SKYACTIV-D 1.8)を設定。

 さらに、マツダ独自の燃焼方式『火花点火制御着火』を採用し、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの良さを兼ね備えた「SKYACTIV-X」もラインナップしています。

 また、「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-X」には、燃費性能の向上をサポートし、より高いレベルの『走る歓び』とリアルワールドでの環境性能を両立するハイブリッド技術「M Hybrid」を搭載。

 組み合わされるトランスミッションには、6速オートマチックor6速マニュアルミッションが用意されます。 

 新型「CX-30」について、開発主査の佐賀尚人氏は次のように述べています。

『最新の「SKYACTIV-X」「SKYACTIV-G」「SKYACTIV-D」を搭載するとともに、小型で効率的なハイブリッドシステム「M Hybrid」を組み合わせて、より高いレベルで運動性能と環境性能を両立します。さらに、さまざま路面状況において安心できるAWDシステムを採用するなどして、どこまでもいつまでも走っていきたくなる上質な“走る歓び”を提供します』

 エクステリアデザインでは、伸びやかなクーペの美しさと大胆なSUVの力強さという、相反する2つの要素を併せ持たせたデザインです。極限まで薄くしたデザインした前後のランプは、シリンダー形状が際立つ発光によって、アート的な美しさとメカニカル感を表現。

 また、LEDテールランプは余韻を残すかのように徐々に消えていく新たな発光パターンを採用して、生命感をより色濃く表しています。

 インテリアは、いまの「マツダ」をイメージさせる上質で洗練されたデザインを採用。また、8.8インチのセンターディスプレイは、ドライバーの方へ向けて角度を持たせて瞬時に情報を見られ、ダークブラウンとダークブルーの2色を展開します。

 さらに、2WDに迫る実用燃費を実現した四輪駆動制御「i-ACTIV AWD」や高い操縦安定性を可能にした「G-ベクタリング コントロール プラス」のほか、マツダのSUVフラッグシップモデル「CX-8」で極めた静粛性など、最新のマツダ技術が盛り込まれています。

 ボディカラーは、マツダを象徴するソウルレッドクリスタルメタリックを始めとする全9色。新型「CX-30」は、2019年の夏から欧州より順次発売の予定です。

■新世代商品を続々と登場させるマツダの今後は?

 マツダの代表取締役社長兼 CEOの丸本明氏は、新型「CX-30」についてや今後のマツダについて次のように述べています。

――新型「CX-30」について

『新型「CX-30」は、新世代商品の第一弾「マツダ3」に続きお披露目するクルマです。ライフステージが変化をしていく若い方々を中心に、幅広い層のお客様にとって、日々のパートナーとして、なくてはならない存在となるように開発しました。

 マツダの「走る歓び」と深化した「魂動デザイン」を世界中のお客様にお届けできるようにマツダの主要拠点で生産します。

――今後の商品展開について

 また、マツダは理想的な内燃機関を組み合わせたハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、さらにはEVとロータリーエンジンを活用したレンジエクステンダーを搭載するEVを地域の特性に合わせて導入していきます。

 基軸となるのは、ガソリンエンジンならではの伸びの良さとディーゼルエンジンのようなレスポンスの良さを合わせ持つ「SKYACTIV-X」です。新型「マツダ3」に搭載し、欧州市場からグローバルに導入するを予定です。

 独自開発のEVは、欧州市場への展開も含め、2020年の導入を目指して、開発を進めています。

※ ※ ※

 2019年から2020年のマツダは、新世代モデルの登場や環境技術の基軸となる「SKYACTIV-X」、EVなどあらゆる面で目が離せないメーカーといえそうです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します