現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルの新たなデザインがスタート! VIZIV ADRENALINE CONCEPTは完全ニューモデルの可能性大

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.5

スバルの新たなデザインがスタート! VIZIV ADRENALINE CONCEPTは完全ニューモデルの可能性大

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スバルの新デザインコンセプトを採用した初めてのクルマとなる

 SUBARU(スバル)は、スイス・ジュネーブで開催中の第89回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、コンセプトカー「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・アドレナリン・コンセプト)」を世界初公開した。

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

 VIZIVとはスバルがコンセプトカーにつける名称で、過去にはSUVタイプの「SUBARU VIZIV FUTURE CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・フューチャー・コンセプト)」、ワゴンタイプの「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT(スバル・ヴィジヴ・ツアラー・コンセプト)」、セダンタイプの「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT(ヴィジヴ・パフォーマンス・コンセプト)」などを公開してきた。

 ちなみにVIZIVは「Vision for Innovation」を語源とする造語で、「革新のための未来像」を意味する。実際これらに採用されたデザインや技術は市販車に反映されることも多く、まさにスバル車の未来を表しているのだろう。

 今回公開された「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」はSUVタイプで、その造形はダイナミックで力強い印象。

 じつは2018年にスバルが発表した新中期経営ビジョンSTEPで、スバルが今までデザインのコンセプトとしてきた「DYNAMIC×SOLID(ダイナミック・アンド・ソリッド)」をさらに大胆に進化させていくことを宣言し、そのキーワードとして「BOLDER(ボルダー)」を掲げている。そしてこのコンセプトカーは「BOLDER」の考え方のもとデザインされた初めてのコンセプトカーなのだ。

 デザインのみならず装備も大胆そのもの

 具体的な装備としては乗員をしっかりと守るルーフやプロテクターを配置し、強靭さと軽快さを両立。

 足もとには四輪駆動車に装着されるオールシーズン用のオールテレーンタイヤを採用。またホイールからタイヤに繋がるホワイトのアクセントは機械的な印象で、このクルマが本格ギアとしてアクティブに使えることを表しているようにも見える。

 メーカーによると「大自然のなかを想いのままに走り廻りたい」という気持ちを駆り立てる、新しいスポーツヴィークルを表現したとのことだ。

 またボディサイズは4490 mm×1900 mm×1620 mm(全長×全幅×全高)だという。現在のスバルのSUVラインアップから考えると、全長は4465mmのXV、全幅、全高はそれぞれ1840mm、1605mmのレガシィアウトバックにもっとも近い。

 いままで公開されてきたVIZIVシリーズは、フューチャー・コンセプトが次期フォレスター、ツアラー・コンセプトが次期レヴォーグ、パフォーマンス・コンセプトは次期WRXなのではないかと想像をかき立てやすかったのに対し、今回のアドレナリン・コンセプトは車格的にも、現行車のフルモデルチェンジの時期を予想してもピンとくるものがないようにも思える。

 もしかしたらこのコンセプトカーをベースとした現状スバル車のラインアップにないモデルが誕生するのか、はたまた今あるスバル車のモデルチェンジに反映されるのか……今後の動向が非常に楽しみである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します