現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ただのススと侮るなかれ! マフラー出口の黒い汚れは愛車からのSOSの可能性有り

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.5

ただのススと侮るなかれ! マフラー出口の黒い汚れは愛車からのSOSの可能性有り

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 黒いススは不完全燃焼時に出るもの

 最近はデザイン的にマフラーのテール部分を大きく目立たせているクルマは少なくなってきたが、よく見るとパイプの部分が黒くなっていることがある。昔のクルマと比べると良くなってきたが、それでもうっすら黒くなっていることが多い。一体大丈夫なのだろうか。そもそも黒いものの正体は何なのだろうか?

    マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

 まずその正体だが、いわゆるススだ。黒いススはガスが濃く、不完全燃焼時に出るもの。キャブレター時代では燃料と空気の混合制御がち密にできないことから、ススが出やすかった。ちなみに一番燃えやすい燃料と空気の比率は1対14.7で、空気量が多ければ希薄燃焼になり黒いススは出ず、テールパイプが白く焼けた感じになる。よく旧車やバイクのキャブレターセッティングでプラグを外して焼け具合を見たが、それと同じ。濃ければ黒くススけるし、薄ければ真っ白に焼ける。テールパイプでも同じことが言える。

 大量につく場合は制御エラーやプラグ不具合の場合も

 一方、現在のクルマは高度に電子制御化され、解析によりヘッドやピストン形状を最適化するなどして、より理想的な燃焼を実現している。だがエンジンは一定の回転数、一定の負荷で運転されるものではなく、実際連続的に変化しているため想定した理論通りにはならない面もある。そうなると少なくはなっているが、ススが出てテールパイプに付着する。

 最近のクルマではうっすら少量ついているなら問題なしだが、指で触ると真っ黒なススが大量につく場合は、制御エラーからプラグの不具合まで、さまざまな不具合が考えられる。プロに頼んで点検してもらうようにしたい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します