現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【F1チーム紹介(5)】リカルドの加入でルノーF1チームが大きく変わる!?【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.5

【F1チーム紹介(5)】リカルドの加入でルノーF1チームが大きく変わる!?【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨シーズンは「3強」に次ぐポジションを獲得。ルノーがいよいよトップを狙う位置までやってきた。チーム名も変更、リカルドの加入でチーム力も大幅にアップしている。

ワークスチームとしてルノーF1チームはどう戦うか
昨シーズン、コンストラクターズ部門4位に躍進、チーム名を従来の「ルノー・スポールF1チーム」から「ルノーF1チーム」に変更するなど、ワークスとして復帰4年目のシーズンに力が入っている。

    ゴールド免許のちょっと意外な取得条件。無事故・無違反の定義とはなにか?【くるま問答】

ドライバーは優勝が狙えるダニエル・リカルドを獲得。ルノーでの3シーズン目を迎えるニコ・ヒュルケンベルグとのコンビは強力だ。

ルノーはマクラーレンにパワーユニットを供給するという重要な役割を担うが、まずはワークスとして、メルセデスAMG、フェラーリ、レッドブルに負けるわけにはいかない。

Renault F1 Team
本拠地:エンストン、イギリス
チーム代表:シリル・アビテブール
テクニカルディレクター:ニック・チェスター
2019年車両:ルノーR.S.19
パワーユニット:ルノー

ルノーF1チーム ドライバーラインナップ
ニコ・ヒュルケンベルグ
2010年にウィリアムズからF1デビュー、第18戦ブラジルGPでポールポジションを獲得して大きな注目を集めたが、レースでは優勝争いに加われず8位にとどまった。その後、フォースインディア、ザウバー、ルノーに移籍。たびたびレースでもトップグループに顔を出すなど、その速さは高く評価されているが、不思議なことにまだ表彰台を経験していない。

ダニエル・リカルド
レッドブルの育成ドライバーだったが、レッドブルとトロロッソのシートに恵まれず、2011年にヒスパニア・レーシングF1チーム(HRT)からナレイン・カーティケヤンとのシートシェアという形でF1デビュー。2012年にトロロッソに移籍、2014年にレッドブルのレギュラーシートを獲得して頭角を表した。2014年にはチームメイトのヴェッテルが1勝もあげられない中、3勝してランキング3位を獲得。その後もトップドライバーとして活躍してF1グランプリ通算7勝を記録するものの、メルセデスAMGの牙城を崩せず、レッドブルを離れルノーでチャンピオンを狙うことを決断した。その卓越したブレーキングテクニックによるオーバーテイクは天下一品と言われる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します