現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日中も「存在感」 ロウソク1440本分の光を放つ「デイライト」が普及する理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.4

日中も「存在感」 ロウソク1440本分の光を放つ「デイライト」が普及する理由とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■日中の視認性を目的とした「デイライト」とは

 最近、昼間の走行時でもライトが点灯しているクルマを多く見かけます。これは、「デイタイムランニングランプ(以下:デイライト)」と呼ばれるもので、以前までは禁止されていた機能です。

    夜間の街中も「ハイビーム」なぜ増えた? 相手は目が眩み危険、怒鳴られるケースも

 欧州各国や北米では、すでに日中のヘッドライト点灯が義務化され、ヘッドライトとは別に装着することなど細かく定められています。その後、日本でも装着することは解禁されますが、「デイライト」にはどのような効果があるのでしょうか。

 2011年に欧州において、「デイライト」が義務化されたことをきっかけに、メルセデス・ベンツやBMW、アウディといった自動車メーカーが全車に装着したことで、世界的に広まりました。

 その後、2016年10月に国土交通省は、『道路運送車両の保安基準』を一部改定。この時の内容に、「デイライト」に関するものが盛り込まれていました。

 解禁された「デイライト」の条件は、自動車の前面部に取付けることができる白色のライトとし、眩しすぎないように光度1440cd(ロウソク1440本分)以下、左右対称に取付けることなどが定められています。

 これを機に、欧州メーカーの多くが日本でラインナップしているモデルの多くに採用をし始め、日本でも見られる機会が増えました。その後、トヨタ「クラウン」や「C-HR」といった各モデルの上位グレードやホンダの各モデルに標準装備やオプションとして普及し始めているのです。

 徐々に普及し始めている「デイライト」は、昼間から常時点灯することで、対向車や歩行者・自転車に対して存在をアピールし、被視認性を向上することで交通安全に役立ちます。

 2016年解禁以降のモデルに、「デイライト」を多く装着するトヨタは次のように話します。

――「デイライト」を採用した経緯を教えてください。

 元々、「クラウン」では早い段階でオートライト機能を採用しています。当時も安全に対する意識があったことで、日中の明るい段階から点灯するように設定にしていましたが、お客様から『必要ない』というお声を多く頂き、一時期辞めておりました。

 その後、改正され「デイライト」というものが普及し始めることから、その後発売したモデルの上位グレードに装着しています。

――欧州メーカーのように全車標準装備となるのでしょうか。

「デイライト」は、予防安全のひとつとして考えています。そのため、傾向としては全車に装備されるとは思いますが、モデルやグレードによっては、オプション品としてお客様の好みで選ばれるモノとなると考えています。

※ ※ ※

 また、「デイライト」は、イグニッションをONにすると常時点灯(パーキングブレーキをONにすると消灯)する仕組みで、昼夜を問わず自車の被視認性が向上させる目的のため白色に点灯します。また、LEDを採用することで、高輝度・長寿命に加え、低消費電力化でバッテリー負荷低減の効果もあるのです。

■「デイライト」と「フォグランプ」と「スモールランプ」の違いとは

「デイライト」と似たようなランプ類はいくつか存在します。なかでも、違いが分かりにくいのは「フォグランプ」と「スモールランプ(車幅灯)」です。それぞれには、どのような違いがあるのでしょうか。

 フォグライトとは、前部霧灯と呼ばれ霧が発生した際に使用するものです。道路運送車両法の保安基準により、取り付け位置や数、発光色、スイッチのON/OFF状態が分かるなどの細かな条件が定められています。

 フォグライトの点灯タイミングは、霧などの悪天候で視界不良などの際に使用し、クルマの前方下部を照らすようになっているのです。

 もうひとつの、スモールランプは自車の存在を周りに知らせるために使用するライトですが、車幅灯とも呼ばれることから、対向車に対して車幅を知らせる役目も存在し、夜間に遠くから見てもクルマだと認識できるため、狭い路地などでのすれ違い時などに役立ちます。

 日没時刻以後にフォグランプやスモールランプの点灯だけでの走行は、道路交通法上で無灯火運転となるため、早めのヘッドライト点灯が必要です。

 また、2016年10月に道路運送車両の保安基準が改正され「オートライト」の搭載義務化が決定されました。適用時期は、「新型車(2020年4月以降)」、「継続生産車(2021年10月以降)」となります。

 夕暮れから夜間にかけての安全性を向上するため、義務化された「オートライト」。同様に、「デイライト」は昼間の他車や歩行者などからの視認性向上を理由に解禁されました。

 クルマや歩行者共に、安全な交通社会となるよう今後もさまざまな機能が増えていくかも知れません。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bus*****|2019/03/04 09:57

    違反報告

    デイライトの普及は、良いことだと思う。
    前照灯を暗くなっても点灯しない人が多いからその時にも役立つ。
    しかし、車幅灯に関して言えば本来の意味での車幅灯ではない車種が多い。
    もう一つ、方向指示器の位置も考えて欲しい。
    前照灯に埋没したり、ドアミラーに付いているものは見えにくかったり。
    ちょっと主題から外れてしまいました…
  • zvv*****|2019/03/04 12:01

    違反報告

    デイライトや常時点灯LED、最近になって日本メーカーが真似し始めたかのように言う欧州信者がいるけど、海外市場では日本車も大昔からそれらデェフォルトなんで、勘違いしないよーに 笑
  • bla*****|2019/03/04 11:17

    違反報告

    デイライトそんな中途半端ライト解禁するからヘッドライト点灯しないドライバーが増えたと思う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します