現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「アルヴェル」や日産「セレナ」など人気のミニバン 最新おすすめランキングTOP5

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.4

トヨタ「アルヴェル」や日産「セレナ」など人気のミニバン 最新おすすめランキングTOP5

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■人気ミニバン市場で、売れているモデルはどんなクルマ?

 一昔前から売れ筋といわれる「ミニバン市場」。自動車メーカーの各社では、さまざまなミニバンモデルをラインナップ。

    一人勝ちなぜ続く? 高額でもトヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」が爆売れする理由

 2018年販売台数ランキングにおいて、「ミニバンタイプ」の1位から5位までの車種が前年比で100%を超えるほどの人気です。今回は、人気ミニバンのなかから中型クラス以上のトップ5を紹介します。

●【1位 日産「セレナ」9万9865台(前年比118.3%)】

 日産「セレナ」の2018年内の販売台数は前年比118.3%である9万9865台と好調です。室内空間の広さや、多彩なシートアレンジができます。

 エンジンで発電してモーターだけで走る「e-POWER」とアクセルペダルだけで加減速できる「e-POWER Drive」や、高速道路や巡航走行時に、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作をクルマがサポートする「プロパイロット」も魅力です。

 最上位グレードである「e-POWER AUTECH Safety Package」になると車両本体価格382万1040円。e-POWERシリーズのベーシックグレード「e-POWER X」であればプロパイロットは装備していませんが296万8920円です。

 e-POWERではなく、150psを発生する2.0リッターのベーシックグレード「S」ならば244万0800円と、ミニバン市場のなかではリーズナブルな価格設定となっています。

●【2位 トヨタ「ヴォクシー」9万0759台(前年比102.3%)】

 トヨタ「ヴォクシー」の2018年内の販売台数は9万0759台で前年比102.3%。ドレスアップ的要素の強い印象を持ちながら、販売台数を維持し続けています。

 1.8リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムのシステム最高出力は136ps、2リッターガソリンエンジン車は152psの最高出力なため、キビキビと走らせることが可能です。

 2019年1月のマイナーチェンジで、安全運転支援システム「Toyota Safety Sense」の「プリクラッシュセーフティ」に昼間の歩行者検知機能を追加し、パーキングサポートブレーキである「インテリジェントクリアランスソナー」も新たに設定するなど、機能の充実を図っています。

 ハイブリッド車の上級グレード「HYBRID ZS」は車両本体価格328万6440円。2リッターガソリンエンジン車のベーシックグレード「X」であれば250万9920円です。

●【3位 トヨタ「アルファード」5万8806台(前年比139.1%)】

 トヨタ「アルファード」は、2017年末に全グレードで「Toyota Safety Sense」を標準装備するマイナーチェンジをしたことで、2018年の販売台数は5万8806台となっています。

 前年比で139.1%と「高級ハイトワゴン」でありながらも好調でした。2018年10月の改良では、パーキングサポートブレーキである「インテリジェントクリアランスソナー」も全車標準装備。

 システム最高出力197psの2.5リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムと「E-Four」(電気式4輪駆動方式)を搭載したトップグレードの「エアロボディー HYBRID Executive Lounge S」の車両本体価格は750万2760円。

 なお、182psの最高出力を持つ2.5リッターエンジン搭載車なら337万6080円からです。

■3位までトヨタ、日産だが、他車はトップ5に食い込めるのか?

●【4位 ホンダ「ステップワゴン」5万6872台 (前年比122.4%)】

 ホンダ「ステップワゴン」の2018年内の販売台数は5万6872台で、前年比122.4%と好調でした。2017年9月のマイナーチェンジでハイブリッド車は、エンジンは主に発電を担い、幅広い領域を電気モーターで走ることで、力強さと燃費性能を実現したハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載。

 安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」には『歩行者事故低減ステアリング機能』を追加したことが販売増の要因になっているかもしれません。

 トップグレードの「HYBRID Moduloモデューロ X Honda SENSING」車両本体価格は399万6000円。ハイブリッド車のラインナップでベーシックな「SPADA HYBRID B・Honda SENSING」は330万0480円ですが、ガソリンエンジン車のベーシックグレード「B・Honda SENSING」なら245万5920円。Honda SENSINGなども含めた基本装備が充実しているにも関わらず、価格は割安です。

●【5位 トヨタ「ノア」5万6719台 (前年比101.1%)】

 トヨタ「ノア」の2018年内の販売台数は56,719台で前年比101.1%となりました。「ノア」は「ヴォクシー」と「エスクァイア」の姉妹車で、販売チャンネルと外観や仕様が異なっています。トヨタでは3車種の販売台数を合計することで『ミニバン販売台数No.1』を謳っています。

 1.8リッターエンジン+モーターのハイブリッドシステムのシステム最高出力は136ps、2リッターガソリンエンジン車は152psの最高出力となっていますので、「ヴォクシー」同様にキビキビと走らせることが可能。また安全運転支援システム「Toyota Safety Sense」の進化もヴォクシーと同じです。

 ハイブリッド車の上級グレード「HYBRID Si」の車両本体価格は328万6440円。2リッターガソリンエンジン車のベーシックグレード「X」であれば250万9920円のため、各グレードともに同程度の装備を有するヴォクシーと同価格となっています。

※ ※ ※

 今回のランキングでは、トップ5のうちトヨタ「ノア」「ヴォクシー」、「アルファード」と3台のミニバンが入っていることからトヨタブランドの強さがうかがえます。

 しかし、日産の電動パワートレイン「e-POWER」ブランドも年々、ユーザーの関心を集めコンパクトカー「ノート」同様に販売台数ランキングでは上位となっており、トヨタと日産の販売台数争いからは目が離せません。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • ric*****|2019/03/05 00:24

    違反報告

    銀行に勤める友人から聞いた話だが、ヴェル新車で銀行正面に乗り付けた男が、30万円融資してくれと言ったそうな。使い道は高校卒業する子供の自動車学校の費用と答えたそうな。そして友人は丁寧に断ったそうです。
  • jam*****|2019/03/04 23:59

    違反報告

    アル・ヴェルが異常に売れるのは、残価率が異常に高く、トヨタファイナンスの審査も甘いので、年収300万くらいの人も頭金0円で買うからよ。実際3,5年後、査定額は残価より高くなり、その差額は次の残価型ローンの頭金に回せるから損しないよと営業トークされています。
  • uni*****|2019/03/06 09:24

    違反報告

    ステップワゴンもシステム出力215psとか凄いんだからもっと宣伝したらいいのに

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します