現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボンネットに道が出現!?旅をテーマにした「ミニ クロスオーバー」の限定車が登場

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.2

ボンネットに道が出現!?旅をテーマにした「ミニ クロスオーバー」の限定車が登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■F/CE.デザイナー、山根敏史氏とコラボレーション

 ビー・エム・ダブリューは、限定車「ミニ クロスオーバー ノーフォーク エディション」を、2019年2月28日より発売しました。

    日産が元気になった? ミニバンをGT-R化!? 多くの人が注目した「エルグランド」とは

「ミニ クロスオーバー ノーフォーク エディション」は、パワフルなディーゼルエンジンを搭載した「ミニクーパー D ALL4」をベースとし、”未知なる世界が待つ旅へ”をテーマにとした個性あふれる限定車です。

 このテーマを実現するために、ファッションブランド「F/CE.」のデザイナーである山根敏史氏とコラボレーションしてオリジナルのパーツを共同開発しました。

 外観のデザインは、旅をテーマにしているということもあり、「道」をモチーフにした専用のボンネットストライプが採用されました。ボンネットには左右非対称の「道」がダイナミックに描かれ、「ミニ クロスオーバー ノーフォーク エディション」が持つ力強さと世界観を表現しています。

 また、テールゲートと左右のクォーターピラーには、旅人を導く「ストリート・サイン」をイメージした専用ネームバッジが装備され、限定車としての付加価値を演出しました。

 さらに、フロントグリルに装備されたアディショナルLEDヘッドランプセットやピクニックベンチ、セパレーションネットなど、冒険心を駆り立てる特別装備も多数採用されていて、旅先での実用性も兼ね備えています。

 運転支援機能も充実しており、ストップ&ゴー機能付のアクティブ・クルーズ・コントロールや前車接近警告機能、衝突回避被害軽減ブレーキなど安全運転をサポートする機能や、タッチパネルとMINIコントローラーの双方で操作可能なナビゲーションシステムを採用しました。

 また、安全装備として、リアビューカメラやパーキングディスタンスコントロール(リア)、アダプティブLEDヘッドライトやLEDデイライトリング、さらにLEDフロントフォグランプなどが特別装備として追加されました。

「ミニ クロスオーバー ノーフォーク エディション」の価格(消費税込)は495万円で、300台が限定販売されます。なお、早期契約特典として、100台限定で「ミニ クロスオーバー ノーフォーク エディション」専用のルーフボックスがプレゼントされます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します