現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【DYNABIGスイングディスプレイに注目】インプレ連載#5/パナソニック ストラーダ CN-F1XVD 【CAR MONO図鑑】

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.1

【DYNABIGスイングディスプレイに注目】インプレ連載#5/パナソニック ストラーダ CN-F1XVD 【CAR MONO図鑑】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックの最新、最上級カーナビ「ストラーダCN-F1XVD」の実力を普段のドライブを通してお伝えする連載。今回はセッティング編だ。REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki) PHOTO●澤田和久(SAWADA Kazuhisa)問い合わせ:パナソニック電話:0120-50-8729

パナソニック ストラーダ CN-F1XVD……オープン価格

    テスラが、ついに最廉価モデル「Model 3」の予約受付を開始! 2019年後半には、日本の街を走る!!

 最新カーナビのトレンドのひとつが「大画面」。一般的なカーナビでは7型ディスプレイが主流となっているが、それよりも大きな8型以上のディスプレイを搭載したモデルの人気がここ数年急激に高まっている。

 大きな画面は地図上の文字やアイコンがが見やすく、AVソースも迫力たっぷりに楽しめる。メニュー画面では操作アイコンが大きく表示されるのでタッチパネル操作も容易だ。そんな良いこと尽くめの大画面ナビを、なんと350車種以上に装着できるのがパナソニックの「ストラーダ CN-F1XVD」。このように汎用性が高い大画面ナビは他にない。

 これを実現したのは独自に開発された「DYNABIGスイングディスプレイ」で、2DINサイズ(標準的なAVユニットの装着サイズ)ボディにフローティングスタイルの9型ディスプレイを搭載。

 ディスプレイの基部には複雑な構造の調整機構が備わり、左右各15°のスイング、約-20~60°の角度調整、上下スライド調整、奥行き調整(取り付け時のみ)を行うことができる。運転中にはドライバーからもっとも見やすいポジションを選び、休憩中にブルーレイディスクやDVDを見るときには乗員のすべてが見やすいように正面向きにセットすることも可能。また、画面への映り込みが少ない角度を選んだり、エアコンの吹出し口やハザードスイッチなどを避けることもできるのだ。

 可動部分が多いことで走行中のブレや耐久性が気になる人も多いかもしれないが、その点は心配無用。パナソニック車両試験場内の凹凸のベルジアン路(石畳路)で実際の車両検証を繰り返して開発されているだけに優れた耐振性を実現している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan 浜先秀彰)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します