現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初心者必見! 似て非なる「オートキャンプ場とキャンプ場はどう違う?」

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.1

初心者必見! 似て非なる「オートキャンプ場とキャンプ場はどう違う?」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クルマを横付けできるのか、そうでないか

 キャンプ場には「オートキャンプ場(オートサイト)」や「キャンプ場(フリーサイト)」、「野営場」など異なる名称がついている。そこで、いま主流のオートキャンプ場とキャンプ場の違いを解説したい。

    卒業&行楽シーズンにオススメ!! キャンピングカーのレンタルは長期ほどオトクに

 まず、オートキャンプ場のメリットは、クルマを区画サイトに停められること。すなわち、大型テントや重いクーラーボックスをクルマから降ろせば、すぐにそのままセットできる。急な悪天候でテントに不具合が生じるなんてときでも、すぐに車内に逃げ込めることもありがたい。また、キャンプサイト内にAC電源や水道を設置しているオートキャンプサイトが多いことも魅力。なかには、ウッドデッキやトイレまで設置しているサイトもある。

 半面、利用料金はクルマを乗り入れできないキャンプ場よりも高額になる。家族4人の利用で約5000円が目安だ(AC電源付きなど付帯設備があるとより高額になる)。大型のキャンピングカーにおすすめの「ダンプステーション(汚水処理施設)」付きならば7000円程度が相場だろう。

割安で静かに過ごせるキャンプサイト

 では、通常のキャンプサイト(キャンプ場)の場合。サイト利用料はオートキャンプサイトよりも割安で、駐車場料金も無料~格安だ。無料~格安のキャンプサイトであっても、近頃のトイレや炊事棟は清潔になってきており、クルマの乗り入れができないため、夕方~夜にかけてキャンプ場に帰ってきたヘッドライトでテントが照らされるようなこともない。

 クルマから荷物を下ろしてキャンプサイトまで持っていく必要があるが、荷運び用のリヤカーを用意しているキャンプ場は多い。そのため大型テントでも持ち運びの負担は少なく、価格面でも大いに優位となるだろう。予約時にリヤカーの有無を確認し、借りられないようならば荷物はなるべくシンプルにして、折りたたみ式のカートを用意するといいだろう。サイトによってはカートも利用できない場合があるので、これも予約時にたずねておこう。

結論、オートキャンプ場とキャンプ場はベターなのは?

 オートキャンプ場と名前が付いていても、オートキャンプサイトとキャンプサイトが混在していることも珍しくない。キャンプ場という名前でもオートキャンプサイトを有していることもあるので、名前だけではなかなか判断がつかないだろう。ちなみに、野営場と名が付いているのは古くからあるキャンプ場で、野外教育の場として使われるケースが多い。そのため大半はクルマの乗り入れは禁止となっている。

 子どもの着替えやおもちゃなど、どうしても荷物が増えるファミリーや初心者には、オートキャンプサイトがオススメ。1~2名の利用でゆったりと過ごすならば、キャンプサイトを選んでみるのもいいだろう

 そうはいっても、オートキャンプサイトは視界が開けてきっちり区画されているけれど、キャンプサイトは林間でどこにでも自由にテントを設営できるフリーサイトもある……という具合に、雰囲気がガラリと変わることもある。

 日差しの強い夏は、木立が少ないと高原でも暑くて大変だったりする。多少、荷運びの手間がかかっても林間のキャンプサイトを選び、木蔭をハンモックなどで楽しむのもひとつの手だろう。同じキャンパーでも、ファミリーとソロ、グループでは生活リズムが異なるので、お互いに配慮して気持ちよく休日を過ごそうではありませんか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Messe Web 『Auto Messe Web編集部』)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します