現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > GT-Rだけじゃなかった? イタルデザイン「マーチ」!? 走りも追求した若者向けカスタマイズカー登場!

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.1

GT-Rだけじゃなかった? イタルデザイン「マーチ」!? 走りも追求した若者向けカスタマイズカー登場!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■大阪オートメッセらしいご当地カスタマイズカー

 大阪オートメッセ2019では、自動車メーカーやチューニングショップ渾身のカスタムカーの他に、学生達が制作し、会場で注目を浴びていた厳選モデルの一部をご紹介します。

    打倒「GT-R」! バブルが生んだ三菱の「リーサル・ウェポン」

 このNISSAN純正のナンバープレートと「GT-R」のエンブレムが装着されたGT-R風カスタムカーは、日産京都自動車大学校の生徒が”若者の車離れを阻止せよ”というコンセプトで制作した作品です。

 こちらは「イタチ」と名付けられており、「マーチ」をベースにした限定モデルとして注目を浴びた「GT-R50 by Italdesign」風にアレンジしたとのことでした。

 ちなみに、「イタチ」というネーミングは、イタルデザインと「マーチ」を合わせた造語で、フロントセクションの特徴的な大型グリルとゴールドのポイントカラーが「GT-R50 by Italdesign」をイメージさせる仕上がりとなっています。

 また、サイドの特徴的なドアノブやリアのブレーキランプなどは、「GT-R」の純正部品が埋め込まれ、細部まで「GT-R」らしさにこだわったそう。

 さらにボンネット裏にはオリジナリティあふれるもみじ柄が施され、ブラック&ゴールドの高級感あるイメージに仕上がっています。

 制作した学生さんに話を聞くと、「とくにブラック塗装にゴールドの割れ目のような意匠を実現するために、ゴールドの塗装の上にクリアやブラックの塗料を重ね塗りして、ブラック塗装が割れてゴールドの下地が見えるようにする点に苦労しました」と、随所に工夫を凝らしているそうです。

 なお、これらの和テイストが盛り込まれた理由は、学校のある京都らしさを表現するためとのことでした。

※ ※ ※

 今回制作されたカスタムカーは見た目だけではなく、エンジンやトランスミッションについてもNISMO仕様にバージョンアップされ、走りの面にもこだわりのカスタマイズが見え隠れしています。

 また、当初エンジンやトランスミッションの載せ替えは同一モデル用を使用しているため簡単に考えていましたが、カスタマイズしたベース車両が前期型だったため、前期型に設定のないNISMO製エンジンを取り付けるには、ボディにエンジン類を固定するための穴あけ加工が必要であり、想像以上に苦戦したそうです。

 さらに他の展示でも、左ハンドル製のZ34「フェアレディZ」をサファリバージョンにしたカスタムカーや、EVフォーミュラカーが制作されており、同校の生徒が様々な方面で活躍できる技能を習得していることを実感できるブースとなっていました。

 そんな同校の生徒の進路は、主にディーラーや日産関連企業のエンジニアとのことですが、学校で学んだカスタマイズの楽しさを生かして、今後、より楽しいカーライフを創り出してくれることを期待したいと思います。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します