現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スバルが過去最大規模のリコール、年間販売2倍以上の226万台[新聞ウォッチ]

ここから本文です
業界ニュース 2019.3.1

スバルが過去最大規模のリコール、年間販売2倍以上の226万台[新聞ウォッチ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

不具合が見つかった場合、国にリコール(回収・無償修理)を届けることは決して悪いことではなく、安全面からもむしろ消費者の不安を解消させてくれる効果がある。ところが、リコールが度重なると……。

    スバル雪上試乗会でインプレッサの完成度や次期WRX STIの走りをチェック

スバルが、ブレーキランプをつけるためのスイッチの不具合によってエンジンが始動できなくなる恐れがあるなどとして、『インプレッサ』と『フォレスター』の2車種のリコール(回収・無償修理)を実施する発表した。

不具合が生じる恐れのある車種は海外分を含めて計226万8841台にのぼるそうだ。2008年9月~17年3月に製造した車種が対象であり、スバルとしては過去最大となるという。

スバルの2019年の世界販売台数は前年比2%増の108万台を計画しているが、今回のリコールは年間販売台数の2倍以上の大規模になる。きょうの各紙もリコールの記事としては異例の扱いで、読売は経済面で「スバル226万台リコール過去最高」と報じたほか、産経は「スバルまた大規模リコール、ブランドに影響」などと伝えている。

また、日経も「スバル、226万台リコール、過去最大、品質問題根深く」との見出し。ただ、リコール関連費用が追加で発生するが、コスト削減のほか北米の販売が想定を上回っており相殺できる見込みで、「さらなる業績修正にいたらない」(スバル)としている。

3月1日付

●米朝、共同声明見送り、首脳会談、非核化、具体策に溝(読売・1面)

●株急落、米朝ショック、下げ幅一時200円に迫る(読売・10面)

●日産、社外取締役倍増へ、監視強化、透明性高める(読売・11面)

●スバル226万台リコール、過去最大(読売・11面)

●ゴーン被告3度目保釈請求(読売・34面)

●パナ経営陣創業家出身者不在に(朝日・11面)

●カーシェア2社協業 DeNAとSOMPO新会社設立(毎日・7面)

●米の対日強硬姿勢を警戒、通商代表、早期交渉に意欲、車輸入制限・為替条項要求も(産経・11面)

●ホンダが新型競技用車いす(東京・6面)

●フォード中国で2000人減、主力合弁、販売4割減、昨年市場縮小、人員減拡大も(日経・15面)

●自動運転独2強連携、ダイムラーとBMWレベル4まで(日経・15面)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 福田俊之)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oth*****|2019/03/01 10:07

    違反報告

    四駆性能はボルボ、新型RAV4に抜かれ、
    デザインは十年前から変わらない泥臭さ。
    で、こんな大規模リコールで信頼性もない。

    安い以外で、スバル買う理由が無くなった。
  • yos*****|2019/03/01 12:21

    違反報告

    安いメーカーなら他にあるし、リセール含めればトヨタ一択だよ。
    水平対向エンジンや乗用車ベースでのフルタイム四駆。
    アイサイトなどの装備やパワーのあるエンジンと独特なサウンド。
    趣味的要素の強い特徴が多くあるからこそ、万人受けせずコアなファンが多い。
    それがスバルでしょ。

    安さが売りだと思ってるなら車音痴ロムってろだぞ oth ちゃん
  • hir*****|2019/03/01 14:30

    違反報告

    これは外部からもたらされた不具合、どこのメーカーにも起こり得ることだ。
    ことさらスバルが組み込んだ責任を強調するべきではない。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します