現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > DeNA×SOMPO、個人間カーシェアとカーリースの新会社設立 「0円マイカー」提供へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.28

DeNA×SOMPO、個人間カーシェアとカーリースの新会社設立 「0円マイカー」提供へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

DeNAとSOMPOホールディングスは2月28日、個人間カーシェア事業の合弁会社「DeNA SOMPO Mobility」とマイカーリース事業の合弁会社「DeNA SOMPO Carlife」を設立すると発表した。

自家用車の年間稼働率は時間で約3%と言われており、個人間でシェアすることで維持費を軽減したいというニーズは年々増加。DeNAは個人間カーシェアサービス「Anyca」を2015年9月から展開し、市場を牽引してきた。一方で、個人間カーシェアサービスでは、トラブルを予防し、保険による「安心・安全」の担保がこれまで以上に求められている。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

新会社DeNA SOMPO Mobilityでは、DeNAが運営してきた個人間カーシェアサービス「Anyca」の事業は、4月から「DeNA SOMPO Mobility」が引き継ぎ、運営を開始。また、現在の24時間単位の自動車保険以上に個人間カーシェアに特化した専用保険の提供を検討する。

さらに、条件付きで一定回数クルマを無料で利用できる「0円マイカー」の提供も開始。カーシェアによる収益が車両価値を上回ると期待される車種をAnycaが貸与してオーナーになってもらい、オーナーは駐車場と車両貸し出しにかかわる作業を提供する。すでに車を所有している人には、Anycaから定額を毎月支給する。カーシェアのニーズが高い都市部から期間限定での提供を予定している。

車の受け渡しの利便性を向上させるため、2019年度からスマートデバイス(受け渡し用機器)を用意し、ドライバーはスマホで予約とドアロック解錠ができるようにする。BtoCカーシェアではすでに運用されている非対面受け渡しを個人間カーシェアでも実現する。

また、一定期間において車を定額で手軽に所有できるマイカーリースは、サブスクリプションモデルの一つとして、近年注目されている。新会社DeNA SOMPO Carlifeでは、個々の生活スタイルに合った車の所有方法の一つとして、これまでにない新しいマイカーリース事業を6月から展開する予定だ。

新たな提案は、サブスクリプションとシェアリングの組み合わせ。同社でリースした車をAnycaでカーシェアする仕組みを提案し、マイカーの実質負担を軽減する。新会社では、SOMPOホールディングスグループのネットワークを通じて、将来的には月間1000台規模の提供を見込んでいる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します