現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > F1で採用されたバイオメトリックグローブは、どうやってドライバーを守るのか?【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.28

F1で採用されたバイオメトリックグローブは、どうやってドライバーを守るのか?【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HANS、ハロ、新規格ヘルメットなど、次々と新しい安全デバイスが導入されているが、今年からF1グランプリで着用が義務づけられる「バイオメトリックグローブ」には驚かされた。「バイオメトリックグローブ」とはいったいどういうものなのか、さっそく紹介しよう。

ドライバーがどんな状態にあるかを瞬時に把握
「バイオメトリックグローブ=BIOMETRIC GLOVES」とは生体認証技術を取り入れたレーシンググローブのこと。精巧なセンサーがグローブの生地のなかに縫い込まれていて、ドライバーの脈拍や血中酸素濃度などの生体データをモニタリングできるという画期的なものだ。

    ゴールド免許のちょっと意外な取得条件。無事故・無違反の定義とはなにか?【くるま問答】

これにより、アクシデントが起きた際、クラッシュ直後のドライバーの状況を瞬時に把握し、このデータをメディカルセンターに送信することで、初期対応を素早く行えるとしている。救急時の対応を改善するために、FIAと複数のメーカーが共同で開発した。マシンに閉じ込められてドライバーの状況がわからない場合やマシンが裏返しになった場合などに、とくに有効と考えられている。

現在はレスキューで駆けつけたスタッフが、ドライバーの状況をいち早く把握し、ドクターなどに伝えることを想定しているが、離れた場所でもデータを取得できるようになればより効果は上がるだろうし、今後、取得できるデータが増える可能性もある。

F1はただ速いだけではない。こうした最先端の安全デバイスをいち早く取り入れ、他のカテゴリーをリードしていく存在だからこそ、モータースポーツの最高峰と言われるのである。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します