現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 分かりづらいEV車の充電方法 普及促進のカギを握る「リーフ」で実践

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.27

分かりづらいEV車の充電方法 普及促進のカギを握る「リーフ」で実践

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■電気自動車(EV)の急速充電方法

 最近、街中や高速道路のSA・PAで見かける機会の増えたクルマの充電器。それに伴って、日産「リーフ」やテスラの各種モデルを始めとする電気自動車(EV)やトヨタ「プリウスPHV」、三菱「アウトランダーPHEV」といったプラグインハイブリッド車も増加しているようです。

    9割以上が大間違い 浸透しない電気自動車への正しい認識

 しかし、電気自動車は普及まだ一般化しているとはいえません。インフラに関しては徐々に増えていますが、車両自体の価格帯がガソリン車に比べて高いことや充電時間が急速で30分から1時間という部分もネックとなっています。

 また、充電方法自体にも種類が存在し、「急速充電」と「普通充電」の2通りに分かれているのです。「急速充電設備」は、道の駅やガソリンスタンド、高速道路のSA・PA、商業施設などに設置されています。

 電源には、3相200Vを使用。ゼロに近い状態から80%まで充電するのに15分から30分程度が掛かる「大容量タイプ」と30分から1時間ほど掛かる「中容量タイプ」が存在。

 一方、「普通充電設備」は単相交流100Vコンセントまたは200Vコンセントを使用。一般的には、戸建住居・マンション、商業施設などに設置されています。

 どちらの充電方法においても利用には、定額制かその都度の課金制などさまざまな料金形態が存在。日産では月額2000円で急速充電器が使いたい放題のプランも実施。また、災害時の蓄電池としても使えることから、行政や関連団体の社用車として使用されるなど、今後の活用方法が期待されているのです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • h18*****|2019/02/27 17:01

    違反報告

    分かりづらいEV車の充電方法

    分かりづらい 意味のない 記事。タイトルの内容は何処へ。
  • pxn*****|2019/02/27 16:57

    違反報告

    > 一方、「普通充電設備」は単相交流100Vコンセントまたは200Vコンセントを使用。一般的には、戸建住居・マンション、商業施設などに設置されています。

    もう少し深堀して、別売りの数万円のコードを使って家庭用100V・200Vコンセントに繋ぐって明確に書いた方が良い。 挿絵も入れてくれるともっといい。
  • wvc*****|2019/02/27 17:42

    違反報告

    一般家庭で充電する場合の設備と、電力会社の契約について書いて欲しかったです。
    余談ですが
    オークシティにあるイトーヨーカ堂に電気自動車の充電設備ありの駐車場が沢山並んでます。
    先日、電気自動車用の駐車スペースが満車でした。
    しかし、電気自動車は一台も存在してなかった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します