現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジャパンディスプレイ:フォルシアと車載コクピット向けディスプレイで覚書を締結

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.27

ジャパンディスプレイ:フォルシアと車載コクピット向けディスプレイで覚書を締結

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャパンディスプレイ(JDI)は、車載コクピット向けディスプレイでフランスのグローバル自動車部品メーカーであるFaurecia Interieur Industrie SAS(フォルシア)と協業プロモーションの覚書を締結した。JDIは、車載向け32.1インチ横長ディスプレイ(アスペクト比16:3)をフォルシアと共にプロモーションを開始する。

 JDIとフォルシアは、CES2019にて32.1インチ横長ディスプレイを採用したモーフィング※ ・インストルメントパネルを展示した。本パネルは、将来の自動運転を想定してデザインされている。手動運転時には、運転者席の前方に位置し、ナビゲーション情報やスピードなど運転に必要な情報、安全情報を表示する。また、自動運転に切り替えると、センターコンソールに移動し、エンターテイメント・スクリーンとして使うことができる。前方座席を斜めに動かすことにより後部座席の同乗者とスクリーンを共有することができるため、例えば、動く映画館としての空間を楽しむことができる。
※モーフィング:画像や形状が別のイメージへ滑らかに変化すること

    大日本塗料:西武鉄道の新特急「Laview」の車体外装用塗料に「スーパーブライトNo.2000」が採用

Oliver Burscher氏, Managing Director of the JDI Europe GmbH コメント:
我々はディスプレイメーカの視点より、将来においても車載マーケットは非常に有望であると考えています。自動運転の流れは、すべての利用者に車内空間の新たな過ごし方や、あり方を提案することを可能にします。JDIはフォルシアと共に新たなディスプレイを通じて、人々に新しい生活、体感、視感を提供します。

David Weill氏, Vice-President Marketing & Business Development at Faurecia Interiors コメント:
自動運転、カーシェアリング、電動化が急速に進む中、運転のあり方を変え、結果として自動車、車内のインテリアも変わろうとしています。これらの変化によりディスプレイの汎用性とパーソナライズは様々な車内活動を円滑に進めるための鍵となります。JDIとフォルシアは互いの専門知識を持ち合わせ、ユーザーエクスペリエンスを向上させるため、様々なシーンに対応する革新的なディスプレイを開発します。そして、フォルシアはノウハウを活用し安全、高品質、革新的なディスプレイをコクピットに統合します。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します