現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「こんなの○○じゃない!」 まったく別物に変わっちゃった名車・迷車5選

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.26

「こんなの○○じゃない!」 まったく別物に変わっちゃった名車・迷車5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年1月、コンセプトモデル、カムフラ版、チラ見せ版……何度もじらされたトヨタの新型スポーツカー「スープラ」が発表されました。

 うぉぉぉぉ! と復活を喜ぶ声から、ひとまずどんなカタチで仕様なのかをチェックした人が多かった一方で、旧型への思い入れが強いファンからはついつい「#こんなのスープラじゃない」なんて声も。そして、「いや待て落ち着け。これなんかもっとすごかったんだぞ」と、なぜか「こんなの○○じゃないクルマ大喜利」が開幕していました。

    やっぱりMT! 走りを楽しむ「200万円そこそこで狙えるMT小型スポーティーカー」6選

 そう、“モデルチェンジでイメチェン”などの域を超えた「同じ名前だけどまったく別物」なクルマも各メーカーに存在します。今回はそんな不思議な運命をたどった「名(迷)車」を5つ紹介します。

●【1】若者御用達のスポーツクーペは普通のセダンに トヨタ「カローラレビン」

 「カローラレビン」と聞けば、あの名車を思い浮かべる人が多いでしょう。

 カローラレビンは、国民車「カローラ」のスポーティー版。有名すぎる名車「ハチロク」「ハチゴー」の4代目(AE86/85型)まではFR(フロントエンジン・リアドライブ)のスポーツ車として、今なお支持されています。続いて、FF化され、バブル期の流行を受けてデートカー方向にちょっぴりと変わった5代目(AE92型)も“ミニソアラ”などとしてヒット。安く、パーツも多く、ヒュンヒュン走って、MTも普通にあって、いじれて遊べる若者のためにあったような名車でした。

 ……いえ、「でした」とまるで消滅してしまったように表すのは誤りです。実は2019年現在も、レビンの名前は海外市場向け車種でひっそりと(?)残っています。それが中国市場向け車種の「レビン ハイブリッド」です。

 何と、レビンはセダンになってしまっていました。し、知らなかった……。

 この現行レビンはカローラの流れをくむ車種であり、トヨタ自慢のハイブリッドシステムを備える最新式です。しかし、セダンなのですね。いや、決してセダンが悪いのではなく、デザインも現行のトヨタ車っぽくて悪くはありませんが、何だかヤングなイメージがなくなってしまいました。レビンは「相応に年を重ねた」ということでしょうか。これも時代なのかもしれませんね。

●【2】覚えていた人いるかな……スポーツカーからまさかのSUVに 魂は受け継ぐ「エクリプス」

 不祥事が続いた三菱自動車にあって、自社最後の独自開発車種とのウワサも……。2018年3月に4年ぶりの新型車として同社が総力を挙げて作り上げたという新型SUV(スポーツタイプ多目的車)が「エクリプス クロス」です。

 このクルマの名称は、1989年から2012年まで販売していたスポーティーカーである「エクリプス」から受け継がれたものです。

 旧エクリプスは北米市場向けに開発された車種で、日本では三菱自の米国法人が生産したものを逆輸入して販売していました。仕様は3ドアクーペと2ドアオープン。個性ある90年代・平成初期スポーツカー花盛りの時代にあってなかなかのマイナー車でしたが、「逆輸入車」という響きは何だか格好よく聞こえました。

 さて、スポーティーカーからSUVへガラッと変わり、新旧エクリプスは一見全く関係がないように思えます。しかし、ちゃんとつながっています。新しいエクリプス クロスは、スポーティなクーペスタイルを取り入れたSUV。そこで、メインターゲットとなる北米市場で「三菱のクーペ」というイメージがまだ残っていたエクリプスの名が選ばれたのだそうです。

●【3】オフロードバイクからオフロードテイストの軽自動車に! スズキ「ハスラー」

 まったく違うジャンルのクルマとして車名が復活することはたまにあります。しかし、スズキやホンダのように二輪、四輪の両方を手掛けるメーカーでは、さらにジャンルの垣根を越えた「こんなの○○じゃない」が出てきます。

 近年では例えば、SUVテイストの軽自動車としてヒットした「ハスラー」。元は、2ストエンジンを搭載した軽快オフロードバイク「TS」シリーズの愛称として使われていました。一応オフロードつながりですね。……でも当時、映画「ハスラー」とともにハスラーの意味を調べたら「おいおい大丈夫っすか? スゲー名前を付けるんだな~」と感じたことも思い出してしまいました。

 さて、このような“車名の使い回し”についてメーカー自身が深く触れることはほとんどありません。オトナな事情も多々あることでしょうし。しかしハスラーは違うようです。スズキは軽自動車ハスラーの純正オプションとして「“二輪ハスラー”のエンブレム」を堂々と用意しています。

 「若い頃は(バイクの)ハスラーに乗っていたんだよ」なんて、こんな遊び心のワンポイントということですね。……そんなことされてもみんなは多分、ちーっとも分からないと思いますが、はい、分かっていますよ。イイんですよね、こういうのは自己満ですもん。ちなみにスズキの90年代バイク→クルマになった「こんなの○○じゃない」は、「バンディット」もそうでした。

●【4】カタチは変わっても庶民の足であり続けた「トゥデイ」

 四輪/二輪のパラレル車名ワールド。次はホンダの「トゥデイ」です。最初は軽自動車で1995年に登場。初代モデルはフルモデルチェンジで2代目となった1993年以降も併売されたほどに人気が高く、後に商用バンをベースに改良した主婦層向けの新グレードも追加されるなど、生活に密着した街乗り車、お買い物車でした。

 しかしクルマとしてのシリーズ販売終了(1998年)からわずか4年後、2002年に原付スクーターとしてトゥデイが復活しました。「なんでやねん」と思いました。四輪のトゥデイと二輪のトゥデイが並んだ家庭も少なくないかも……?

 ただ、まったくカタチは違いますがどこかに納得感があります。ちなみに原付トゥデイは中国生産で、2002年当時の相場からしてもとても安い、10万円を切る車両価格を実現していました。カタチは変わっても「庶民の足」をテーマにスピリットはつながっていたのでしょう。

●【5】バイクからクルマ、そしてまたバイクに……落ち着け「インテグラ」

 ホンダ「インテグラ」は、高回転VTECエンジンを搭載したホットモデル「インテグラ タイプR」、天皇陛下も愛用した車種、そしておじさん世代には「かっこいんてぐら!」の名キャッチコピーが記憶に残っています。

 実は数奇な運命をたどっている車名です。元はバイクで使われていた愛称でした。続く四輪インテグラはご存じの通り、そしてインテグラDC5型の生産終了後、再びバイクの車名に戻っているのです。

 初出は1980年代前半にさかのぼります。

 当時は特定の車種の名前ではなく、「CB750F」「VT250F」など、当時販売されていた幾つかのバイクに設定されていたフルフェアリング(カウル)装着車の愛称にインテグラが用いられていました。CB750Fインテグラ、VT250Fインテグラなどと呼ばれました。

 1985年に四輪の初代インテグラ(クイントインテグラ)が登場。天皇陛下の愛車としても知られる2代目、タイプRが設定された3代目、4代目と続き、2006年に生産が終了します。

 そして2011年には再び二輪の名称に。スポーツバイクとスクーターを融合させたような新ジャンルの大型バイク「インテグラ」として登場しました。

 2019年現在、大型バイクのインテグラも生産を終えています。今度は……また四輪として生まれ変わるのかもしれませんね。

(agar)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(ねとらぼ交通課 )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します