現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > F1レギュレーション、今年のハロはどう変わる?【モータースポーツ】

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.25

F1レギュレーション、今年のハロはどう変わる?【モータースポーツ】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年のF1レギュレーションはエアロダイナミクス、車両重量、燃料使用量などが変更になったことはチームにとっては大きなことだろう。そして見る者にとって気になるのは2シーズンめを迎える、奇妙な“ハロ”がどう進化するかだ。

ハロは安全性を高め、F1の価値を高めたのか
「ハロ(halo)」とはドライバーの頭部を守るように取り付けられているバーのこと。レース中に飛んで来るパーツの破片などからドライバーの頭部を保護するため安全デバイスで、ヘイローとも呼ばれる。haloは英語で「丸い光の輪」を意味するのだ。

    ゴールド免許のちょっと意外な取得条件。無事故・無違反の定義とはなにか?【くるま問答】

ハロはドライバーの安全を守るために2018年シーズンから義務付けられることになったが(フォーミュラEのシーズン5にも導入されている)、カッコ悪いとか空気抵抗になるとか、とかく評判が悪かった。

そこで各チームはハロの上部にフィンを付けたり、カラーリングを施したりしているが、チームがハロを独自に製造することは許されておらず、FIAの認定を受けたサプライヤーから購入しているので、昨シーズンはどのチームも似たようなものだった。ちなみにハロに関して、上部表面の改良や着色は許されているが、内側(ドライバー側)には手が加えられない。

ハロに関するこうしたレギュレーションに変更はないが、2シーズンめを迎えるハロがそのルールの中でどう進化するのか、何か新しいアイデアが盛り込まれるのか、はたまた広告スペースとして利用されるのか、興味深いところだ。

2019年のF1の主なレギュレーション変更
●フロントウイングの規定変更
気流を乱す複雑なパーツ類が禁止される一方で、フロントウイングは拡大。
●バージボードの小型化
高さが150mm低く、前方に100mm延長。
●ブレーキダクトの簡素化
ブレーキダクトの空力パーツ的利用抑制するためにダクトまわりの複雑なデザインを制限。
●リアウイングの規定変更
フロントウイングと同様、気流を乱れを抑制すべく設置高を修正、エンドプレート上部のスリットは禁止された。ウイング幅は大きくなった。DRSの開口部は65mmから85mmへと増加。
●使用燃料量の変更
決勝における燃料使用量は105kgから110kgに約4.5%アップ。
●車両最低重量の変更
車両最低重量が733kgから740kgに。
●新規定のヘルメットの着用義務づけ
●バイオメトリックグローブの着用義務づけ
ドライバーの血圧や血中酸素濃度を計測するセンサーを搭載する最新装備。
●リアウイングエンドプレートライトの装着
悪天候時の安全性確保のためセンターリアライトに加え、リアの左右エンドプレイトにLEDライトを装備。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します