現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱自動車が新型SUVのコンセプトモデルを第89回ジュネーブショーで初披露

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.24

三菱自動車が新型SUVのコンセプトモデルを第89回ジュネーブショーで初披露

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASXはエクリプス クロスやアウトランダー風の顔つきに

 三菱自動車は、3月5日(火)~17日(日)まで開催される第89回ジュネーブ国際モーターショーの出展概要を発表した。コンセプトカーならびにコンパクトSUV、ピックアップトラックなどを、プレスデーは5車種全6台、一般公開日は8車種全9台を展示する。

    【試乗】新型デリカD:5は走り激変! フルモデルチェンジを名乗らないのが不思議なほどの進化を体感

 コンセプトカー「MITSUBISHI ENGELBERG TOURER」は、世界初披露となるコンセプトカー。シルエット画像が公開されているが、ボディサイズはやや大きめのように感じる。どのようなクルマなのかはプレスデーにて公開される予定だ。

 もう1台、注目はコンパクトSUV「ASX(日本名:RVR)」の2020年モデルの発表だろう。ASXは2009年の発売以来、北米/欧州/豪州/中国など約90カ国で累計約132万台を販売する、三菱自動車で3番目に販売台数の多い世界戦略車。ブランドメッセージである「Drive your Ambition」を具現化するデザインフィロソフィである「Robust & Ingenious」に基づきエクステリアデザインを大幅に刷新している。

 フロントマスクはアウトランダーやエクリプス クロスのような切れ長のヘッドライトに、新型デリカD:5のような縦型の大きなライトが目を引く。リヤビューもクリア部分を増やしてスポーティさが際立つテールランプなど、よりスタイリッシュに生まれ変わっている。

 今回、欧州向けとしてパワートレインは2リッターMIVEC SOHC 16バルブエンジンを搭載。5速MTと6速スポーツモード付きCVTを組み合わせる。

 また、電動車の購入と合わせてV2Hを中心とした家庭用システムをお客さまに提供する新サービス「電動DRIVE HOUSE(DDH)」を開始するにあたり、そのデモンストレーション展示も用意される。太陽光発電器やV2H機器、家庭用蓄電池などで構成するシステムをパッケージ化している。

 そのほか、1トンピックアップトラックの「L200」(欧州仕様)の2020年仕様など、魅力的なモデルが展示される予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP WEB CARTOP編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します