現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 700系新幹線のデザイナーは、スズキの“Sマーク”のデザイナーでもあった

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.23

700系新幹線のデザイナーは、スズキの“Sマーク”のデザイナーでもあった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

間もなく3月を迎えるのが、特に鉄道嗜好者間で話題になる3月のダイヤ改正。現在、東海道・山陽新幹線では、700系新幹線。N700系新幹線、N700Aの3車両が運用されるが、2020年には、東海道新幹線で700系の運用が終了する模様。その700系新幹線の車両デザイナーの中に、スズキの社章“Sマーク”のデザイナーがいた。当時、美術系大学の学生だった手銭正道氏その人だった。

“社章”デザインコンペで勝利したのは美術系大学の学生の作品だった

    ウエット路面も怖くない? 新型ポルシェ911に装備されたウエットモードってなんだ?

 1909年10月に創業した鈴木式織機製作所がスズキの始まり。20年3月には法人化により株式会社となり、49年5月には株式を上場する。

 52年6月に輸送用機器へ進出し、バイクモーター「パワーフリー号」(2サイクル36cc)を発売。

 54年6月、鈴木自動車工業に社名変更。翌年3月には、主力製品となる二輪車「コレダ号」(2サイクル124cc)を発売する。

 翌年10月には、軽四輪乗用車「スズライト」(2サイクル360cc)を発売し、日本における軽自動車の先鞭をつけた。


 58年、社章“S”マークが制定される。

 社章を制定するにあたっては、そのデザイン案を公募。300あまりの候補作があったといい、そのなかで選出されたのが、当時、東京芸術大学の学生だった手銭正道氏のものだった。

 手銭氏は卒業後、日産でデザイナーとして活躍。その後、JRの鉄道車両開発に携わってきたTDO(トランスポーテーション・デザイン機構)で鉄道車両をデザインしていく。

 余談だが、0系新幹線などは旧国鉄内のデザイナーが担当していた。だが、JR発足以降は、社内デザイナーではなく外部デザイナーがその任を務めるようになっている。

 話は戻り、02年に創立100周年を迎えるスズキ。社章は、18年に制定60年を迎えた。

 当時、まだ学生だった手銭氏も、こんなに長く、自らがデザインした社章が生き続けていくとは、その時は思いもしなかったのだろうと推察する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します