現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本でもおなじみだったルノー日産の2.0ℓディーゼル――M9R

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.23

日本でもおなじみだったルノー日産の2.0ℓディーゼル――M9R

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ M9Rシリンダー配列 直列4気筒排気量 1995cc内径×行程 84.0mm×90.0mm圧縮比 15.1最高出力 130kW/3750rpm最大トルク 380Nm/2000rpm給気方式 ターボチャージャーカム配置 DOHCブロック材 鋳鉄吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL ×/×

 ガソリンエンジンではルノーと日産でそれぞれ独自の法則に則った呼称がつけられるが、ディーゼルの場合はルノーの名で呼ばれるらしい。M9Rは、ルノーおよび日産で同じ名称を持った初のエンジンであり、乗用ディーゼルに馴染みがなかった日本ゆえか、それとも一段と進んだアライアンスの象徴か。いずれにせよ、近年の日本でのディーゼル復権の動きに大きく貢献したエンジンである。

    いまも、プジョー/シトロエンの主力。開発コード「Prince」、BMWとの共同開発によるエンジン――EPシリーズ

 ポスト新長期規制に対応した初のディーゼルエンジンでもあった。ピエゾ式インジェクターと可変ノズルターボ、コモンレールシステム(160MPa)、ダブルスワールポート、DPF、NOxトラップ触媒など、現在では当たり前となった要素を持ち、日本ではエクストレイルに搭載されハイブリッド以外で初の100%減税となったエンジンでもある。

 ルノー、ルノーサムスン、日産の3ブランドに搭載されているが、日本仕様の現行エクストレイルには搭載されていない。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sss*****|2019/02/23 21:51

    違反報告

    アライアンス強化の一環でディーゼルエンジンはルノー、ガソリンエンジンは日産が開発と分担されたため日産は開発していたクリーンディーゼルを中止しルノーもガソリンエンジンの開発を縮小しました。日産エクストレイルに搭載されたクリーンディーゼルは欧州のものより良いというジャーナリストもいたほど定評があり開発の中止は残念でした。今となってはディーゼルの需要が縮小した欧州でガソリンエンジンでもEV技術でも日産に頼るルノーはもはや日産なしでは生きられないかもしれないですね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します