現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 人気モデルの派生で「そう来たか!」 印象に残るユニークなクルマ5選

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.23

人気モデルの派生で「そう来たか!」 印象に残るユニークなクルマ5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■人気モデルをベースにしたユニークな派生車5選

 以前は、各メーカーからセダンをベースにしたワゴンやバンといった「派生車」が数多くラインナップされていましたが、現在ではそうしたクルマは減少傾向にあります。

    5代目日産「シルビア」 女子ウケ抜群! なにが彼女たちのハートを鷲掴みにしたのか

 そこで、これまでに販売されてきた国産派生車のなかから、印象に残るユニークなモデル5車種をピックアップして紹介します。

●スズキ「X-90」 

 スズキ「ジムニー」シリーズは、そのデザイン性や走破性が評価され人気となっていますが、1988年に登場した「エスクード」は、「ジムニー」よりも少し大き目なコンパクトRVとして人気モデルとなりました。

 その「エスクード」をベースに開発された「X-90」は、1993年の東京モーターショーにコンセプトカーとして出展され、1995年に発売されました。

 重厚で角張った「エスクード」とは異なり、丸みを帯びたかわいらしいスタイルを採用した「X-90」は、2人乗りの2ドアクロスオーバーとなっており、パワートレインは「エスクード」と同じく、1.6リッター直列4気筒エンジンを搭載。駆動方式は4WD、トランスミッションはATに加えてMTも設定されていました。

 また、ガラスルーフを取り外してトランクに収納できるTバールーフを採用していた同モデルは、手軽にオープンエアが楽しめるクロスオーバーとなっています。

 残念ながら、当時の市場では2シーターRVはあまりにも需要が少なく、発売からわずか2年後の1997年で販売終了となりました。

●日産「マーチBOX」

 日産「マーチ」は1982年に初代が発売され、日産の新世代コンパクトカーとしてヒットします。1992年に2代目にバトンタッチするとグローバルカーとして、こちらもヒットを記録しました。

 2代目「マーチ」をベースにしたステーションワゴン「マーチBOX」は、1999年11月から2001年4月まで製造されたモデルで、ホイールベースは「マーチ」と同じでしたが、ステーションワゴンに仕上げるために荷室部分を240?延長。

 さらに全高も25mm高くすることで快適な居住空間を確保するとともに、ゆとりある荷室空間を実現しています。また、リアシートは荷室との段差を無くすために、座面を立たせるダブルフォールディングシート機構を全車に採用しています。

 なお、3代目以降のモデルでは「ノート」の登場もあり、「マーチBOX」のようなステーションワゴンは設定されません。

■チョップトップやトラック化したケースも

●ホンダ「N-BOXスラッシュ」

 2011年に発売され、現在も大ヒットを続けているホンダ「N-BOX」の派生車種となるのが、2014年に登場した「N-BOXスラッシュ」です。この一台ではベースモデルに対し100mm全高を下げスタイルを優先した、いわゆる「チョップドトップ」というテクニックが用いられています。

 通常、派生モデルとしてベースモデルよりも天井を高くして利便性を向上させたハイルーフ仕様はよくありますが、天井を低くしてしまうのは非常に珍しいパターンです。また、利便性が高いスライドドアをわざわざヒンジドアに変更している点もユニークなポイントといえるでしょう。

 内装も個性的で、通常はインテリアカラーを1色か2色程度しか用意しないことが多いですが、「N-BOXスラッシュ」では8色を設定するなど、内装にも非常にこだわりのあるモデルとなっています。

 現在「N-BOX」は2代目にバトンを渡していますが、「N-BOXスラッシュ」は初代「N-BOX」ベースのまま継続販売されています。今後、同モデル2代目が登場するのか、このモデルで終了するのか気になるところです。

●ダイハツ「ハイゼットデッキバン」

 ダイハツ「ハイゼット」シリーズは50年以上の歴史を持つ軽商用車ですが、その中のバンモデル「ハイゼットカーゴ」の荷室をピックアップトラックのようなオープンデッキに変更した派生車が「ハイゼットデッキバン」です。

 ある意味、軽1BOXと軽トラックのクロスオーバーともいえる「ハイゼットデッキバン」は1988年に初登場し、現行モデルまで4代続けて設定されるロングセラーモデルとなっています。

 荷物を多く運ぶ場合には軽トラックに軍配が上がりますが、4名が乗車可能で、汚れ物を載せたり頻繁に荷物を積み降ろしするような場合には、トラック形状の「ハイゼットデッキバン」に優位性があるでしょう。

 最近では軽トラックのキャビンを広げたダイハツ「ハイゼットジャンボ」やスズキ「スーパーキャリー」が注目を浴びていますが、この流れで、軽トラックベースのダブルキャブといった派生車も面白そうです。

●スバル「BAJA」(バハ)

 スバル「レガシィ」は高性能なワゴンモデルが人気となったモデルです。2代目「レガシィ」には、派生車として「ツーリングワゴン」をベースに車高をアップし、RVテイストを盛り込んだクロスオーバーSUV「レガシィ グランドワゴン(ランカスター)」、現在もラインナップされている「レガシィ アウトバック」が登場します。

「レガシィランカスター」は北米では「アウトバック」という車名で販売され、2代目「アウトバック」には、さらに派生車として、荷室上部を取り払いピックアップトラック仕様にした「BAJA(バハ)」が加わります。

 このようなピックアップトラックは、SUT(スポーツ・ユーティリティ・トラック)というジャンルのモデルで、主に北米市場で需要があります。「BAJA」以前には「レオーネ」をベースにしたピックアップトラック「ブラット」もありましたが、どちらも日本では正規販売されていません。

 なお「BAJA」は2006年まで生産されましたが、その後の「アウトバック」には設定されず、1代限りで販売終了となりました。

※ ※ ※

 自動車メーカーはニーズがあれば、少し目先を変えたユニークな派生車を展開することもありますが、チャレンジ失敗により一代で販売終了してしまったり、生き残り続けロングセラーになるモデルもあります。

 新しい価値観を提供してくれる、ユニークな派生車の登場を今後も期待したいところです。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュースライター HAMATARO)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します