現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動運転車なら飲酒もできる? 世界的に期待される「飲んでも自家用車帰宅」は可能か

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.22

自動運転車なら飲酒もできる? 世界的に期待される「飲んでも自家用車帰宅」は可能か

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■自動運転への世界共通の期待

 自動運転が標準化された近い将来では、『平日の朝、自宅を自家用車で出発して、会社で仕事し、帰りは同僚と居酒屋でお酒を飲んで、帰りは自動運転のボタンを押せば、カーナビの自宅データに従って、寝ている間に家に到着』というお父さんの夢が実現。

    シフトレバーの「O/D」ボタン、なぜ消えた? そもそもどんな意味があるのか

 まさに「飲んだら、帰りは自動運転で楽々」というような世界を、クルマの自動運転に求めている人が大勢います。これは、日本に限ったことではなく、世界共通の声だと思います。

 筆者(桃田健史)は、世界各地でクルマに関する取材をしていますが、近年は自動運転に関する取材が一気に増えました。アメリカ政府の関係機関がサンフランシスコで行う自動運転に関する会議、仏パリや独フランクなどヨーロッパのモーターショー、そして北京での大規模なIT関連見本市など、さまざまなところで自動運転の実用化に向けた動きを見ているのです。

 そうした取材現場で感じる部分に、みんなが『お酒を飲んで、帰りは自動運転で家まで送り届けてくれる』ことへの期待が高いのですが、こうした期待の声を実現することは、現状で極めて難しいといわざるを得ません。

 なぜ、「飲んだら、帰りは自動運転で楽々」は実現が難しいのでしょうか。正確にいえば、自動運転に対して勘違いしている人が大勢いるため、飲酒と自動運転との関係についても勘違いしているようです。

 勘違いしてしまう理由は、多くの人が『自動運転は大きく2つの種類がある』ということ。2種類とは、パーソナルカー(またはオーナーカー)と、サービスカー(またはモビリティサービス)に分けられます。

 こうした名称は、一般的ではないと思いますが、自動運転に関する国際会議では常識になっており、パーソナルカーとは、乗用車のことを指します。そして、サービスカーとは、いわゆるロボットタクシーのような公共交通を指します。

 そのうえで、こう考えてみてください。「飲んだら、帰りは自動運転で楽々」は、不可能なのではなく、サービスカーでなら十分に可能といえます。なぜなら、サービスカーは小さな路面電車のような存在なので、運転席にハンドル、アクセル、ブレーキなどはなく、自動運転は遠隔で管理されているため、乗車する人が運転に関わることがまったくないからです。 

 一方、パーソナルカーは自分で運転することもあり得る自動運転車。自動運転のシステムが「こちらで処理できません。手動運転モードに切り替えます」といってきたら、乗車した人は運転しなければなりません。

 そうなれば、飲酒している状態で運転することになり、これは絶対に法的に、そして社会通念上、許されることではありません。

■自動運転レベルとは何がどう違う? 

 ここ数年、自動運転に関する報道が多くなってきました。ニュースでは、ハンドルをいつでも握れるような手つきで、事実上の手放し走行する様子が流れます。

 トヨタ、日産、ホンダなど自動車メーカー各社は高速道路や一般道路で自動運転の走行試験を繰り返し実施。一方で、アメリカに目を向けると、2018年は自動運転の実験中に歩行者をはねる死亡事故が起きるなど、自動運転の安全性について疑問を持つ人が増えました。

 そうした中で、自動運転ついて「レベル」という表現を、テレビやネットニュースで目にすることがあると思います。自動運転ではない普通のクルマは「レベル0」、自動運転の性能が上がればレベルも段階的に上がり、完全な自動運転は「レベル5」という分類があります。

 これは、アメリカの自動車技術会が2012年に発案。これを、2016年にアメリカの運輸省が採用し、日本を含めて世界各国で「自動運転の目安」として使っているのです。

 先にご紹介した、パーソナルカーは自動運転レベルでは「0から3」に相当します。サービスカーは「レベル4」と「レベル5」になります。

 つまり、「レベル3」と「レベル4」の間に、自動運転に関する大きな違いが存在します。「レベル3」までは、飲酒はできませんが、「レベル4」以上では飲酒は可能と考えるのが自然です。

「レベル3」では、少なくともひとりの乗員が運転席に着座。高度な自動運転への切り替えは可能で、高度な自動運転中に読書やメールのやり取り、また仮眠は可能になります。

 ただし、繰り返しますが、飲酒は絶対にできません。自動運転から手動運転への切り替えを、自動運転のシステムから言ってくる可能性があるからです。

 そのため、『うちのプリウス、いまは自動ブレーキがついているけど、10年後の新型プリウスは自動運転になっているから、飲んでも帰りは楽々自動運転になる』という話は実現しない可能性が極めて高いといえるのです。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 桃田健史)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します