現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ソニー損保、他社保険証の写真で概算保険料が確認できる新サービス開始

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.21

ソニー損保、他社保険証の写真で概算保険料が確認できる新サービス開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニー損保は2月20日、他社自動車保険証券の写真や画像をもとに、ほぼ同条件での翌年の自動車保険の概算保険料を、その場でウェブサイトに表示する「写真でカンタン見積り」の提供を開始した。

写真でカンタン見積りは、テクノロジー活用による顧客サービス高度化の取組みの一環で、ソニーグループ会社の協力を得て開発したもの。スマートフォンやタブレットのブラウザ上で動作する仕組みとし、専用アプリのダウンロードやメールアドレスの登録などを不要とすることで、気軽に利用できるようにした。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

利用方法は、ソニー損保のウェブサイトで「写真でカンタン見積り」のボタンをタップ、現契約期間中の保険会社と事故の有無の確認したのち、契約中の自動車保険の保険証券をスマートフォンやタブレットで撮影、または撮影した画像をアップロード。あとは保険証券の画像から読み取ることのできない情報など、4つの質問に回答(選択式)するだけで、見積結果が表示される。概算保険料見積り後、そのまま詳細見積りをして申込むことも可能。保険証券の写真や画像から読み取ったデータは見積入力画面にプリセットされ、見積りに必要な操作を省略できる。

なお、写真見積り専用のアプリを利用せず、一般のブラウザ上で写真や画像のアップロードから保険料表示まで行うサービスの提供は、自動車保険では初めてとなる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • s20*****|2019/02/21 13:27

    違反報告

    半年くらい前に駐車場に止めていた車をぶつけられ、行き付けの整備工場で修理の打ち合わせ。
    その最中に工場長宛に電話が掛かってきて「必ずリサイクルパーツで修理をして下さい、そうしないと修理費はお支払い出来ません!」と言われたのがソニー損保で、印象最悪だったのを思い出しました。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します