現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アストンマーティン、新型ミッドシップハイパーカーの開発計画を承認…ハイブリッドターボ搭載へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.20

アストンマーティン、新型ミッドシップハイパーカーの開発計画を承認…ハイブリッドターボ搭載へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストンマーティン(Aston Martin)は2月20日、新型ミッドシップハイパーカーの開発計画、「プロジェクト003」が承認された、と発表した。

プロジェクト003の「003」とは、アストンマーティン『ヴァルキリー』(プロジェクト001)と、そのサーキット専用車の『ヴァルキリーAMR Pro』(プロジェクト002)に続いて、アストンマーティンが開発する第3のハイパーカーを意味する。プロジェクト003にも、現在開発が進行中のヴァルキリーとヴァルキリーAMR Proのコンセプトや技術が幅広く導入されるという。

    MINI、公道を走るレースカー“GP”のコンセプトカーをNYショーで披露

プロジェクト003は、軽量構造ボディを備え、ガソリンターボエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドパワートレインを搭載する。公道走行可能な車としては最高レベルのダウンフォースを発生するエアロダイナミクス性能、アクティブサスペンションシステム、ドライバーコントロールシステムを採用。公道とサーキットの両方で、ハイパーカートップレベルのダイナミクスを追求する。

また、プロジェクト003では、日常走行にも適した室内空間や荷物スペースも持つように設計される。世界のすべての市場で型式認証を取得可能で、左ハンドルと右ハンドルの両タイプが用意される。

なおプロジェクト003は、クーペボディを世界限定500台で生産し、2021年後半から納車を開始する予定だ。アストンマーティンは、同車のティザーイメージを1点、公開している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します