現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジープの新型SUV「レネゲード」がラングラー顔に変身? 一部グレードから順次販売

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.20

ジープの新型SUV「レネゲード」がラングラー顔に変身? 一部グレードから順次販売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■進化し続けるスモールSUV「新型レネゲード 」を日本導入

 FCAジャパンは、フロントとリア周りのデザインが刷新されたジープ「レネゲード」を2019年2月23日より一部グレードから発売すると発表しました。

    ジープのコンパクトSUV「コンパス」に安全性と快適性が向上した改良モデルが登場

 グレード構成は、従来通りの「Longitude(ロンジチュード)」、「Limited(リミテッド)」、「Trailhawk(トレイルホーク)」の合計3モデルを予定。その先駆けとして、充実した装備による高い快適性を誇る「リミテッド」を販売します。

 今回のマイナーチェンジでは、フロントデザインの色が一新され、よりワイルドで無骨なイメージとなりました。また、フロントヘッドライトとリアコンビネーションランプは、同社の新型「ラングラー」からインスピレーションを得たアイコニックな面持ちに変更され、モダンな表情に生まれ変わっています。

 さらに機能面での改良点として、新設計のヘッドライトはデイタイムランニングライトを始め、ハイビーム、ロービーム、フォグランプのすべてをLEDに統一。従来のキセノンヘッドライトに比べて明るさは20%向上し、夜間走行時の視認性が大幅に高められました。

 このほかにも、ドアミラーの色がシルバーからグレーに変更(リミテッド)され、ホイールデザインも一新。新しい高効率エンジンとして、従来の1.4リッタ―直列4気筒マルチエアエンジンに代わり、新世代1.3リッタ―直列4気筒マルチエア2エンジンが採用されています。

 この新型エンジンは、セントラルダイレクトインジェクション、インタークーラー付ターボチャージャー、ならびにSTART&STOP機能を搭載しており、優れたパフォーマンスと低燃費を両立。エンジンスペックは、Limited(リミテッド)の場合、従来モデルに比べて11ps増となる最高出力151psを発生し、最大トルクは40Nm増となる270Nmを発揮します。

 燃費性能については、実用燃費に近いWLTCモードで13.5km/Lとなっており、高出力・高トルクながら、優れた燃費性能を実現させました。

 さらに、ドアミラーにオート格納機能が追加されたほか、オーディオナビゲーションシステム「Uconnect(ユーコネクト)」 には、地上デジタルTVチューナーが標準装備。

 全車でカーエアコンの冷媒使用量を減少させるなど、環境面にも配慮しています。リミテッドの価格(消費税込み)は、355万円。ロンジチュードとトレイルホークは、今春発売予定です。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します