現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ 新型「スープラ」は輸入車扱い!? ウインカーレバーが国産車と逆な理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.20

トヨタ 新型「スープラ」は輸入車扱い!? ウインカーレバーが国産車と逆な理由とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■右ハンドルでも新型スープラは輸入車同様の左側ウインカー?

 2019年1月上旬、17年振りに復活したトヨタ「GRスープラ」ですが、日本向けモデル(右ハンドル仕様)のウインカーレバーは、多くの輸入車同様に、左ウインカーレバー(右ウォッシャーレバー)仕様になっています。

    トヨタが1000馬力、価格も1億円級のモンスターマシンを市販化へ

 これは、トヨタが生産せず、オーストリアのマグナ社に委託生産するモデルのためなのです。なぜ、日本を代表するスポーツカー「スープラ」なのに、輸入車と同じようなレバー方式を採用したのでしょうか。

 2019年2月に開催された「大阪オートメッセ2019」のトヨタブースには、「GRスープラ」の右ハンドル仕様が初公開され、来場客の注目を浴びていました。

 また、合わせてトヨタ車のレース車両開発や専用パーツを販売するTRDブースにおいても、「GRスープラ・パフォーマンスライン・コンセプトTRD」が初公開されています。

 同モデルについて、TRDのスタッフは「今回のコンセプトモデルに装着している新開発の専用エアロパーツは、カーボンフロントスポイラー、カーボンサイドスカート、カーボンドアガーニッシュ、カーボンリアスパッツ、カーボントランクスポイラーの5アイテムです。また、アルミホイールも19インチの鍛造ホイールが装着されています」と説明。

 ちなみに、これらのパーツの市販予定に関しては、確定ではないものの、ほぼこの形状で開発が進められているとのこと。しかし、従来のTRDパーツは、エアロパーツの他に排気系のマフラーや足回りのサスペンションパーツなどが同時に発売されていました。

 今回、公開されたコンセプトモデルでは外装系のパーツのみで、走行機能系のパーツがありませんでした。この点について、前出のTRDスタッフは、次のように説明しています。

「GRスープラは、オーストリアで委託生産されるモデルのため、ウインカーレバーも輸入車のようにステアリングの左側に装着されているなど、トヨタの通常のモデルとは少し違っています。

 そのため、日本国内のトヨタで開発、製造されるモデルのように、新車開発と同時にTRDパーツの開発を行うことができません」

■TRD製アフターパーツの製品化予定は?

 専用エアロパーツについては、いずれも本物のカーボンファイバーを使用し、強靭でありながら、軽量化を実現。また、メーカーワークスとしてレース活動を行っているTRDならではのこだわりとして、すべてのパーツがデザインのみならず、走りの性能を向上させる空力性能を持たせているとも説明しています。

 また、エアロパーツについては、単品で好きなものを選んで装着することも可能としていますが、単品で装着すると空力効果が効きすぎることがあるため、すべてを装着した方がバランスの良い空力性能を引き出せます。

 なお、走行機能系パーツについての開発の予定はあるもの、今後順次開発を進めて、パーツを発売していく流れになる予定とのことです。

 過去には、トヨタが左ハンドルのGMのシボレー「キャバリエ」をトヨタ「キャバリエ」として右ハンドルにして発売しています。この際、ウインカーレバーはハンドルの右側に移設されましたが、「GRスープラ」はウインカーレバーの移設は行われないといいます。

 今後も新型「GRスープラ」は、さまざまな場所でプロモーションが行われるようですが、日本国内仕様の詳細発表に注目せずにはいられません。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します