現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > どっちがイケメン? トヨタ「カローラ」セダンとワゴンで顔が違う理由

ここから本文です
業界ニュース 2019.2.20

どっちがイケメン? トヨタ「カローラ」セダンとワゴンで顔が違う理由

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■2019年内の発売を予定している「カローラ セダン/ワゴン」

 トヨタ「カローラ」は、53年の歴史をもつ日本を代表するモデルです。国内では、2018年6月に12代目となる「カローラ スポーツ(ハッチバック仕様)」を導入しています。

    トヨタが1000馬力、価格も1億円級のモンスターマシンを市販化へ

 また、2019年内には、既に欧州などで発表されている「カローラ セダン」「カローラ ツーリングスポーツ(日本名ワゴン)」の2モデルも国内発売を予定。公表された3モデルには、2つのフェイスデザインが採用されていました。なぜ、同じ「カローラ」においてデザインを変えているのでしょうか。

 現行モデルで、12代目となる「カローラシリーズ」。1966年に初代が誕生し、2016年には50周年という節目を迎えています。過去には、2001年まで33年間連続で国内年間販売台数の首位を維持し続けるなど、日本を代表するクルマです。

 新型「カローラ スポーツ」の外観は、歴代モデルのなかで最もスポーティかつたくましいデザインとなっています。発表当時、デザインについて次のように説明しています。

「上級クラスのようなたくましさと、余裕のある室内空間をもつキャビン、そして、勢いのある凝縮したボディで魅せるアクティブさが、新型『カローラ スポーツ』のエクステリアデザインです。とくに若年層にも訴求できるデザインを目指しました(担当デザイナー)」

※ ※ ※

 最近の若者に響くデザインをもつ「カローラ」として登場した、「カローラ スポーツ」。導入が予定されている「カローラ ワゴン」も同様のフェイスデザインです。

 一方で、新型「カローラ セダン」は、他2モデルとデザインが異なっています。なぜ、デザインが違うのでしょうか。3モデルのボディ展開やデザインが異なる理由について、チーフエンジニアの上田氏は、次のように説明します。

――3モデルがもつそれぞれの個性を教えて下さい。

『運転するのが楽しい』という感覚を得るための全体的な方向は同じですが、実際にはモデル固有の調整が顧客の期待に従って実装されています。たとえば、荷物を多く乗せることが想定されるツーリングスポーツでは、サスペンションを調整しているのです。

 ハッチバックは、より直接的な反応とより機敏な感覚を持ち、よりダイナミックなキャラクターを持っています。セダンとツーリングスポーツはどちらも、安定した乗り心地を提供しながら、優れたハンドリングとより快適な乗り心地を両立させるために(とくに後部の乗客にとって)拡張ホイールベースを利用しています。

――セダンモデルだけ、フロントとリアのデザインが他2モデルと違うのはなぜですか。

 我々がプロジェクトの最初に行った顧客調査にて、ハッチバックとツーリングスポーツを好むユーザーは、ダイナミックに見えるクルマに対して非常に熱心であることがわかりました。

 一方で、セダンでは、もっと一流な外観を持つクルマを好む傾向があることがわかったため、フェイスやリアのデザインを変えているのです。

■欧州で発表された「セダン」と「ワゴン」のスペック

 新型「カローラシリーズ」のパワートレインには、1.8リッターと2リッターのハイブリッド仕様と1.2リッターガソリンターボと1.6リッターガソリンエンジンの合計4種類展開。また、2リッターハイブリッド仕様では、EV巡航速度を115km/hに向上されています。

 ボディや足回りについては、「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(TNGA)」の「GA-Cプラットフォーム」をベースとしています。また、ストラット式フロントサスペンションや新開発のマルチリンクリアサスペンションを採用。

 走行モードには、「エコ・コンフォート、ノーマル、スポーツS、スポーツS、カスタム」のなかから好みの走行パターンを選択でき、トヨタは『ドライバーに快適な乗り心地と敏捷性の適切なバランスを提供します』と説明しています。

 国内でも発売を予定している「カローラセダン/ワゴン」。今回の欧州仕様とは多少異なるものの、低重心でスポーティなエクステリアやシンプルと上質を併せ持つインテリアのデザイン。

 新たなパワートレインやTNGAの採用によって、「走り・乗り心地・安全性能」などの基本性能も大きく向上させています。

 さらに、新型「カローラ スポーツ」に搭載され話題となったクルマとネットワークがつながるコネクティッド機能や最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」を搭載。

 歴代の「カローラ」が持つイメージを刷新させた、新型「カローラシリーズ」。その「セダン」と「ワゴン」モデルは、日本のユーザーや独特な道路環境に合わせた仕様を2019年内に発売するとしています。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

メーカーからニュースを探す

  • 検索(0件)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します